Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

現場社員に聞いてみた!「キャニングの営業事務ってどんな仕事?」


こんにちは。キャニング・アンド・アソシエイツの平澤です。ゴールデンウィークも半ばに差し掛かろうとしておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?


現在、キャニングでは営業事務職を募集しております!でも、「営業事務」と言われても、企業によって仕事内容が大きく異なりますよね??


そこで今回は、営業事務の方と協力して業務にあたることとなる社員2名にインタビューをしてみました!


※左から、Client Relations 武内、Talent Development Manager マイケル


平澤:今日はよろしくお願いします!

二人:よろしくお願いします!


平澤:改まってインタビューとなると恥ずかしいですね(笑)早速ですが、2人の仕事内容を教えてください。


武内:Client Relationsの武内です。いわゆる営業にあたる職種ですね。キャニングは、人材に関するあらゆる課題を解決する会社ですが、大きく分けて4つの事業を抱えていています。(①トレーニング②コンサルティング③サヴィルアセスメント④UK留学斡旋)

詳しい事業内容は是非HPを見ていただきたいのですが(笑)、私はこれらすべての事業を横断的に担当し、クライアントのニーズに合わせて提案活動を行っています。人事・事業部長・経営企画の方々とやり取りさせていた抱くことが多いです。

平澤:なるほど!続いてマイケル、お願いします。

マイケル:私はTalent Development Managerを担当しています。


平澤 : なんだか横文字でかっこいい感じですが、具体的には…?


マイケル :そうですよね(笑) キャニングが抱え得ている4事業のうち、主に「トレーニング」の企画運営をする、と表現した方が分かりやすいかもしれません。

具体的な業務内容は3つ。1つ目が、トレーニングコンテンツの開発。Client Relationsがクライアントと議論した内容をもとに、クライアントのニーズに合うトレーニングを考案します。2つ目が、調整業務。トレーニングの実施が決まったら、アソシエイトトレーナーのアサインを行います。3つ目が、営業活動のサポートです。Client Relationsが提案書作成する際にアドバイスをしたり、トレーニング開発者としてクライアント先に同行したりすることもあります。



平澤:ありがとうございます。次は英語でのコミュニケーションについて伺いたいです。二人は日々英語でやり取りしていると思いますが、言語の面で難しさ感じることはありますか?


武内:そうですね。細かいニュアンスを伝えるのが難しいな〜と感じる時があります。

その場合は、メールやチャットツールを使い、伝えたい内容をテキスト化して伝えています。そうすると、お互いに情報を咀嚼する時間ができるので、その上で口頭でコミュニケーションを取っています。

英語(外国語)の場合、母語である日本語に比べ、「大事な部分なのに、伝わってると思ったら、伝わってなかった」ということが起こりやすいと思うので、丁寧に認識合わせをしています。


平澤:なるほど!マイケルはどうでしょう?


マイケル:自分は英語が母語なので難しくないですね(笑)。ただ、複雑な問題については伝え方に気を付けています。

一番大事なのは論理的に話すことでしょうか。結論➡理由の順番で話す。そして、長い文章・単語を使わず、常にシンプルに伝えることを心がけています。

なので、これから入社する人も、「英語喋れない!どうしよう!」と、気負わなくても大丈夫ですよ。私も日本に来てもうすぐ25年。これまで沢山の日本人と働いてきたので、お互いに気持ち良く働くためのポイントはだいたい分かってきました。お互いに助け合って仕事取り組められれば、と思います。


平澤:ありがとうございます。では、次の質問です。お二人は、現在募集している営業事務と、どのように関わるのでしょうか?


武内:受注後、トレーニング前準備からアフターフォローの部分まで、一緒に進めていくことになると思います。トレーニングの実施が決まったら、私たちClient Relationsがクライアント(人事/経営企画/事業部長など)から参加者の情報をいただきます。その情報をもとに、営業事務職の方に参加者の出欠確認や、ニーズ調査アンケートの発送と回収、当日の準備、事後アンケートの実施などを担当してもらいます。トレーニングの参加者と直接コミュニケーションをとっていただく、重要なポジションです。


マイケル : トレーナーのアサイン業務もサポートしていただきます。先ほども言った通り、トレーニング実施確定後、トレーニング内容に最適なトレーナーのアサインを行います。営業事務の方にはトレーナーの日程調整・確保をお願いすることになると思います。

外国人トレーナーとは主に英語(メール)でやり取りをしてもらうことになりますね。困ったことがあればいつでもサポートするので、気兼ねなく話しかけてください!



平澤:ありがとうございます。マイケルやClient Relationsと協力して、トレーニングをスムーズに実施するための仕事なんですね。最後に、どんな方が営業事務職として活躍できそうでしょうか?


武内:丁寧なコミュニケーションのできる人が向いているかなぁと思います。トレーナーや、Client Relations、マイケル、そしてトレーニング参加者など、様々な人とコミュニケーションをとっていただくので、多様な人とのやりとりを楽しめる人にはぴったりではないでしょうか。


マイケル :私は、テキパキ仕事を勧められる人がいいかなと思います。細かなやり取りが発生するので、締め切りを守ることはもちろん、問題が起こったときに冷静に対処できる方だとありがたいです。

あとは、人と話すのが好きな人!外国籍のトレーナーも多数在籍しているので、新しい文化や価値観に触れることができると思います。キャニングのメンバーは、正社員/アソシエイト社員関わらずみんなポジティブなので、安心してください。


平澤:お二人とも、ありがとうございました!




いかがでしたでしょうか?少しでも「あ、キャニングの営業事務職ってこんな感じなんだ」と感じて頂けたら幸いです。

少しでも興味を持たれた方は、お気軽にお問合せください!

キャニング・アンド・アソシエイツ株式会社's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings