1
/
5

広島から東京の企業にフルリモートで働くということ

広島から東京の企業にフルリモートで働くということ

こんにちは。
CAMI&Co.採用担当です。
当社には地方に在住しフルリモートで勤務しているエンジニアが在籍しています。
副業として1人で会社も経営しているかなりパワフルな人です。
地方(広島)からフルリモートで東京の企業へ働くこと、副業とのバランス、地元への想いを語っていただきました。

自己紹介/経歴

Q:経歴を教えてください。
A:広島県の三次市出身で津山高専の情報工学科卒です。
これまでシステムエンジニアとして20年経験しています。
東京にある通信機器メーカーに入社し、携帯電話交換機の開発を担当、その後、商社系SIerでコンビニエンスストアチェーンのシステムを構築していました。
広島に戻ってからもシステムエンジニアとして経験していますが、自治体のシステム営業をしていたこともあります。

無理しない範囲が大事

Q:職場環境と副業との本業とのバランスを教えてください。
A:普段は自宅の一室で仕事をしていて、たまにコワーキングスペースやシェアオフィスを使ったりもしています。
副業も事務所は構えず、同じ部屋で行っています。
副業は就業後や休日に無理しない範囲。週10時間ぐらいを充てています。
メリハリつけてバランスよく時間を使っています。



リモートに向いている人・向いていない人がいる

Q:リモート勤務で困ったことありますか?

A:まず孤独を感じました(笑) 。
これまで“出社して仕事する”スタイルだったので、最初はフルリモートで働くこと自体に慣れることが大変でした。
当社ではSlackを活用してオンライン/オフラインコミュニケーションをとっていますが、入社当時は社内に自分のようにフルリモートで勤務している人はいなく、会社としても在宅勤務を導入したばかりでした。みんなが「対面でのコミュニケーション」環境から「オンラインでのコミュニケーション」の環境に慣れていなかったこともあります。
時間の経過とともに在宅勤務の人も増え、会社全体的にオンラインミーティングやチャットでコミュニケーションをとることが“当たり前”の環境になりました。
~とある1日のスケジュール~

【Project A】
・デイリーMTG (0.5h)
・支援業務 (2.5h)
【Project B】
・社内MTG (1.0)
【社内】
・エンジニアMTG (1.0h)
【Project C】
・テストツール事前調査 (3.0h)

社内外問わずMTGはすべてSlackやZoom・Google meetなど使用してオンラインで実施しています。
本社で設計されたモノを広島に送ってもらい、広島で組み立てて送り返す。自分の家に工具があるからかもしれませんが、何の問題もなく仕事はできています。
リモートして感じるのはリモート勤務には向き不向きな人がいるということです。自発的に動ける人やタスク管理ができる人は向いていると思いますが、そうではない人は難しいかもしれません。

地方にこそチャンスがある

Q:地方で働いていて感じることはありますか?
A:地方で感じることとして、まず、エンジニアの数が少ないです。パラレルキャリアや副業で地方を盛り上げるための活動に参加しているエンジニアはもっと少ないという印象です。ということで、地方にこそチャンスがあると私は思います。
これまで東京でPMやエンジニアとしてキャリアを積んできましたが、広島では自社プロジェクトに携わる機会がなく、とても歯がゆかったです。
そんな時に、PoC(概念実証)のプロジェクトに参画できる当社の求人を見つけて応募しました。
東京で経験したPMやエンジニアのキャリアは、広島でフルリモートの形で生きています。

好きでやっていたことが副業へ

Q:副業するきっかけは?
A:それまで純粋に「楽しい」「好き」でやっていたことが、自然に副業になった形です。
私が推進していることとして地方を中心に展開を進めているメイカーイベントがあります。
イメージとしてはMaker FairやNTのようなものです。
「つくると!」という福岡発のイベントを各地域に展開することを支援させて頂いています。
広島で私が開催したノウハウを、大阪や横浜で開催されたいコミュニティに共有、Webのテンプレート提供とSNS運用、各イベント間の調整を行っています。
そのような活動を個人的に行っている中で呉高専さんからお声がけくださいまして、「この人会社員なのにちょっと変わったことをやってるよね」ということでこれからの新しい働き方についてトークライブの機会も頂きました。
徐々に活動が目立つようになり、神社のライトアップイベントのWebページ制作依頼をいただきました。この時は前年度の問題点について代表者の方とヒアリングをしつつ解決策を練ってWeb制作をさせて頂きました。
また、さらに話が大きくなり広島駅の北口のエリアが緊急整備地域に指定されているのですが、そちらのエリアのマネジメントの推進や情報発信業務、ポータルサイトの構築、SNSの運用を担当させて頂く話が進んでいます。
あと、広島のある授業の一環として、情報発信を学生にも教えたいという依頼があり、2020年度から年数回非常勤講師として講義を行っています。
これからも地道に活動を進めていき、地域に貢献していこうと思います。

転載元:ログミーTech URL: https://logmi.jp/tech/articles/322403

最後に

広島に貢献する想い、地方でフルリモート勤務しているからこそ感じることを語っていただきました。
入社してまだ一度も会社に来たことがないので、画面越しではなく実際に顔見て話せる日を楽しみにしています。

株式会社CAMI&Co.'s job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings