1
/
5

元美容師から未経験職種への転職。難しさと入社の決め手とは

転職を考えたときに、「未経験職種への転職は難しいのでは」と不安に感じる方もいるのではないでしょうか。ネクステージGroupは、仲間になるメンバーの「スキル・年齢・性別・学歴・経験」を一切気にしません。ただ「あきらめずに一歩踏み出し続ける」人に何度でも立ち上がれる“次のステージ”を用意したいという想いを込めて、スタートした会社です。今回のNEXPOでは、現在ネクステージGroupで活躍する元美容師のメンバーに、転職した理由や現在のキャリアについてインタビューしました。

PROFILE

濱田 悠加(はまだ はるか)

ネクステージグループホールディングス株式会社 財務経理部課長 
1989年生まれ。埼玉県出身。高校卒業後、美容専門学校卒業後、美容師5年、ブライダルヘアメイク4年勤務した後に2019年4月入社にネクステージGroupに入社。2022年10月にネクステージGroup課長に就任。

大井 亮(おおい りょう)

株式会社アクセルファクター 課長 
1992年生まれ。大阪府出身。工業高校を卒業後に地元の工場に勤務。約1年働いた後に美容専門学校に入学し就職を機に上京。半年で美容師を退職しその後は飲食店、通販会社を経験後に2018年7月にネクステージGroupに入社。2022年10月に課長に就任。

白椛匠一朗(しらかば しょういちろう)

株式会社2.99 主任 
1990年生まれ。岩手県出身。高校卒業と同時に上京し美容専門学校に入学。卒業後は2年間美容師として勤務し、退職後は個人事業主として8年間経験。2021年10月にネクステージGroupに入社。2022年10月に主任に就任。

目次

自分を必要としてもらえる場所はあるか。

――転職しようと思ったきっかけは?

濱田:
私が美容師になったのは、髪型が決まるだけでこんなにHAPPYになるんだ!と思ったのがきっかけで、中学生の頃からの夢だったからです。誰かの人生を自分の手で幸せにできる仕事ってステキだなと思っていました。美容専門学校を卒業し、都内の美容室に勤め3年間アシスタント・2年間スタイリストをしていました。その後フリーランスとしてブライダルのヘアメイクへと転向したのですが、体を壊してしまい、「一度きりの人生。どうせなら美容業界以外でも働いてみたい」と思い転職を決意しました。

大井:
美容師になる前、高卒だった私は地元大阪の家から歩いて5分の工場に勤務していました。
当時18歳だった私は、毎日同じ時間に起きて、同じ時間に寝て、徒歩5分の距離を往復する日々をつまらなく感じていました。自分の人生に変化を起こすために、「手に職をつけている。オシャレな美容師ってカッコイイ。」という理由で、専門学校に通い上京して美容師になりました。今思うと完全にノリと勢いでしたね(笑)明確な目標がないまま美容師になってしまったので、厳しい世界についていけず、半年で辞めてしまいました。こんなチャランポランな自分なので、転職活動をするにしても、受け入れてくれる会社はあるのだろうかと、とても不安でしたね。

白樺:
私の母・祖母・祖母の姉妹までも美容師を生業としており、幼少期から美容師の仕事に触れる機会が多かったのがきっかけの1つで、美容師を志しました。しかし今思い返すと、高校卒業後の進路をしっかり考えず「なんとなく」決めてしまったように感じます。無事に美容師になった私ですが、スタイリストデビュー前にカットモデルのノルマをこなしている最中、ふとデビュー数年後の自分を想像しました。「自分には独立する気概はない」そう思ったことをきっかけに、退職・転職を決意しました。

――転職のタイミングで不安に感じたことはありますか?

濱田:
まず不安だったのは、オフィスワークの職歴がないので「企業に必要だと思ってもらえるか」でした。中学生の頃から美容業界以外を考えていなかったため、オフィスワークをしている自分の姿が全く想像できなかったんですよね。しかもパソコンもほぼ出来ない。こんな人材を必要としてくれる会社があるのかが不安でした。あとは、今までは自分の好きなことを仕事にしていたので「新しい仕事にやりがいを感じられるのか」や「これからどんなキャリアになるのか」を心配していました。

白樺:
私は高校卒業後に美容専門学校に入学したため、所持している資格は自動車免許と美容師の国家資格のみの状態で、他の人と同じように社会に出られるのか不安でした。学力も決して高くなく、高校時代は赤点ばかり取っていた自分が、うまく人生を歩んでいけるのか心配していなかったといえば嘘になります。最終学歴が専門卒なので、大卒と比較し引け目を感じていましたね。

ネクステージGroupに決めた理由は何でしょうか

――ネクステージGroupに決めた理由は何でしょうか

濱田:
選考中にパソコンにも触れたことのない私のスキルではなく、想いと向き合ってくれたことが一番印象に残っています。未経験でもチャレンジできる土台と多角的に事業展開していることもあり、美容業界以外にもたくさんのビジネスに触れられるところが面白そうだと感じました。さらに面接の際に聞いた、一人ひとりが「ネクステージGroupの未来に対して、自分に何ができるか」と情熱をもち、自ら仕事を生み出しているという話がとてもステキで、日本の未来に影響を与える会社になる。との考えにも共感できてここで働きたい気持ちが大きくなりましたね。

当時、美容業界はブラックな会社が多く、有給や残業代がないのはもちろん、社会保険にも加入していないなどが当たり前でした。これからの日本の企業によい影響を与える存在に、私自身がなれたらと考えました。

大井:
美容師を辞めたあとは飲食店・通販業界を経験したのですが、そこで「売上は作れるけど、人として尊敬できない人」に出会いました。「こんな人にはなりたくない!」「こんな人と働きたくない!」と思っていた頃にネクステージGroupと出会い、仕事だけでなく人間力も重視する企業方針に共感し、入社を決意しました。

白樺:
私と同じく美容専門学校への入学をきっかけに上京し美容師になるも、挫折し転職した経験のある方に紹介していただいたのが大きな理由です。私と同じような境遇にもかかわらず、社会に出て活躍している姿を見て、憧れと安心を抱きました。会社のフィロソフィーである「チャンスなら、まだある」をただ掲げているだけではなく、ちゃんと体現されており「この会社であれば、何も持っていない私でも活躍できるかもしれない」という希望を持ち、入社を決意しました。

現在の仕事内容とこれからの目標を教えてください

――現在の仕事内容とこれからの目標を教えてください

濱田:
現在、私は財務経理部の課長として、主に経理チームをまとめています。とはいえ、将来を考えたときに職種や役職などに大きなこだわりはありません。なぜなら、ネクステージGroupの中期経営目標である「100事業の創出に少しでも役に立ちたい」想いが強いので、必要とされれば子会社出向でも・営業の仕事でも・新事業サポートでも、やれることはなんでもしたいです。100事業創出できることでたくさんの人にチャンスの数と種類を創っていけると考えています。チャレンジし続けることで、私のような経歴をお持ちの方に少しでも希望を与えられればと思っています。

大井:
はじめは広告代理事業の営業として株式会社アクセルに入社したのですが、入社1カ月を過ぎた頃、「新規事業の立ち上げに参加しないか?」と誘っていただき、ファクタリング事業の立ち上げから参加し、営業・マーケティング・審査とさまざまなポジションを経験しました。現在は営業・審査・リスク管理部門を兼任しています。今後の目標は執行役員を目指しながら、さらなる新規事業を立ち上げることです。

白樺:
今後の目標は、受け持っている業務の成果を安定させ、先々を見据えた業務の予習をすることです。どんなに小さなことでも、今の自分にできないことを1日1つ以上はできるようになるのを目標に、何事にも興味や関心を持って接していきたいと考えています。

ネクステージGroupには未経験でもチャレンジできる環境があります

――求職者の方にメッセージをお願いします

濱田:
美容師の仕事は表面上は輝いて見えるけれども、裏で数えきれないほどの努力を積み重ねている人がとても多いと思います!そういった「あきらめない」気持ちと「成長志向」を持ちつづけていれば、どんな境遇でも・どんなことにでもチャレンジできるし、叶います。ネクステージGroupで一緒に働ける日が来るのを楽しみにしています!

大井:
ネクステージGroupは学歴や職歴に関係なく、あきらめずにチャレンジし続ける人と一緒に働きたいと思っています!

白樺:
美容師から他業種への転職に不安を抱えている方も多いと思いますが、ネクステージGroupは学歴や職歴で人を判断しません。「美容しか分からないから……」と迷っている方も、これまでできなかったことをできるようになり、人として成長していけば必ず戦力になれます。美容師歴があるあなたにしか出せないアイデアを楽しみに待っているので、一緒にネクステージGroupで楽しく働きましょう!

ネクステージグループホールディングス株式会社's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
Invitation from ネクステージグループホールディングス株式会社
If this story triggered your interest, have a chat with the team?