1
/
5

業務デジタル化の頼れる味方!?中小企業デジタル化応援隊事業

こんにちは!Buyingの石川です。

Buyingが完全テレワーク化を実現し、
半年が経過しました。

今でこそ導入したITツールは
メンバー全員使いこなせるようになりましたが、

テレワークに移行するにあたって
各種ITツールを選定する際には、

それぞれ必要な目的ごとに、
何種類もあるサービスの中から
比較・検討する作業には非常に苦労しました。

なにより私自身初めてそれらのツールに触れるので、
選定結果を報告する間際も、

「このツール/サービスが本当にベストなのか…」

ということに関して全く自信がありませんでした。

==

しかし、いまならこうしたお悩みは、
国にサポートしてもらうことが可能です!

本日は、

・業務効率化のためにITを活用したいけど相談できる人がいない…

・テレワークを検討しているけど何から準備すれば良いかわからない…

・テレワークを始めたけどセキュリティがこのままで良いか不安…

など、

悩みに応じたIT専門家とのマッチングや
専門家のサポート費用の補助が受けられる

===

中小企業デジタル化応援隊事業

===

について、概要を動画でご紹介いたします。

▼中小企業デジタル化応援隊事業に関する動画はこちら
https://youtu.be/r1cuOERb3hk

※音声無しでも内容が分かるよう作成しています

動画を見ることができない方向けに
要点を説明します。

この支援事業は、

===

・業務デジタル化・IT活用にお悩みの中小企業

・フリーランスや国から認定を受けたIT専門家

両者のマッチングを国が支援することで、

中小企業のデジタル化を推進するプロジェクト

===

で、中小企業庁管轄の
独立行政法人中小企業基盤整備機構が運営元となっています。

具体的なマッチングフローの一例としては、

中小企業デジタル化応援隊事業の特設サイト上で、

①中小企業が「相談案件」を登録すると、

②事務局が「相談案件」と登録されている「IT専門家」
をマッチング

③「IT専門家」から「相談案件」を登録した企業宛に
支援計画の提案が届き、

④支援計画を承諾したIT専門家と契約を締結

⑤支援完了後、企業は実費負担分のみを支払う

という流れです。

【相談にかかる費用】は、

『1時間あたりの実費負担額500円~』で、

国が最大3,500円/時間の費用を補助します。

例として、

①依頼単価が4,000円/時間の契約の場合、

・企業側の実費負担は500円/時間

・国からの補助が3,500円/時間

になります。

依頼単価は専門家ごとに異なりますので、
契約内容は事前にしっかりと確認しましょう。

【相談できる内容】は、

・テレワークツールやオンライン会議ツール導入

・業務自動化ツール導入

・ネットワークセキュリティ強化

など、IT活用に関する相談であれば、
幅広く対象になります。

【事業期間】は、

2020年9月1日~2021年2月28日

です。

その他の細かい条件・ルール等については、
中小企業デジタル化応援隊事業の
特設ホームページをご確認下さい。

https://digitalization-support.jp/


本日は、
業務デジタル化やIT活用にお悩みの中小企業が
格安でIT専門家のサポートを受けられる

【中小企業デジタル化応援隊事業】

についてご紹介しました。

まだ始まったばかりの事業で
利用者は少ないようですが、

企業側の相談登録は無料なので、
まずはお気軽に登録してみてはいかがでしょうか。

===

何かご不明な点がございましたら
Buying石川までご連絡下さい。

本日もお読み頂きありがとうございます。

株式会社Buying's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more