Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

ビズリーチが新たに「サイバーセキュリティ」領域に進出! OSS脆弱性管理ツール「yamory」をリリースしました。

ビズリーチは8月27日、オープンソース脆弱性管理ツール「yamory(ヤモリー)」をリリースいたしました。
(プレスリリースはこちら


「yamory」は、ITが急速に普及するなかで深刻化するサイバーセキュリティの課題に着目し、システム開発におけるセキュリティ対策にかかる工数を削減し、エンジニアの生産性向上を目指すサービスです。

これまでビズリーチは、「インターネットの力で、世の中の選択肢と可能性を広げていく」をミッションにかかげ、ITを活用して社会や産業の未来を支えるさまざまな事業を展開してきました。そのようななか、ビズリーチが事業を立ち上げるうえで大事にしてきたのは、「課題」を抽出し、事業を通じてその「課題」を解決していくことです。そのなかでも特に、社会構造の変革や、技術革新によってもたらされる課題に着目してきました。

2009年の創業以降、人生100年時代に雇用の流動化を支える「ビズリーチ」「キャリトレ」「スタンバイ」「ビズリーチ・キャンパス」、働き方改革にともなう企業や個人の生産性向上を支援する「HRMOS(ハーモス)」「BizHint」、事業承継の課題が顕在化するなか、資本の流動化を目指す「ビズリーチ・サクシード」と、事業領域を広げています。

この度リリースした「yamory」では、技術革新によって深刻化するサイバー攻撃のリスクを格段に軽減することで、未来を創るエンジニアが安心してテクノロジーを活かし、生産性高く開発ができる世界を目指します。


記者発表会の様子

記者発表会にはおかげさまで多くのメディアの方々にご参加いただき、早速「yamory」について取り上げていただいております。ぜひご覧ください。(順不同)

ビズリーチがセキュリティ分野に進出、オープンソースの脆弱性と対応策を自動で可視化する

ビズリーチ、サイバーセキュリティー事業に参入

ビズリーチが「yamory(ヤモリー)」発表、オープンソースの脆弱性情報アグリゲーション

ビズリーチ、OSSの脆弱性管理サービス「yamory」を提供開始

ビズリーチがセキュリティ事業に参入、技術者発案によりOSS脆弱性管理ツール「yamory」

脆弱性対策が大変--ビズリーチがセキュリティサービスを開発した狙い

株式会社ビズリーチ(新卒採用)'s job postings

Weekly ranking

Show other rankings