1
/
5

Go Conference 2022 Springに「platinum"Go"ldスポンサー」として協賛しました!

こんにちは。ビットキー採用担当です。

ビットキーは、先日4月23日に開催された、Go Conference 2022 Springに『platinum"Go"ldスポンサー』として協賛し、発表とオンラインブース出展させていただきました。

■ Go Conferenceとは
Go Conferenceは半年に1回行われるプログラミング言語「Go」に関するカンファレンスです。
世界で最初のGoカンファレンスとして、 2013年から開催。今年で17回目の開催となりました。

弊社の高橋がカンファレンスのトップバッターとして発表しました!

今回は「人間の直感に対応させた複雑度の計測ツールをgo/astで実装してみた」と題し、Go の標準ライブラリである、抽象構文木(AST)を扱うためのライブラリ(go/ast) を使って、どのように Cognitive Complexity の計測ツールを実装できるかについて登壇しました。

当日の発表の様子。(再生いただくと高橋登壇からスタートします)
カンファレンス内限定で使えるとのことで、ビットキーオリジナルとしてデザインいただいた"Gopher"くんを背景にしました!

発表後、SNSでも

「図解してもらえると凄く分かりやすい」
「静的解析初心者に寄り添った発表だった」
「Goの静的解析入門したい」

など、共感の声をたくさんいただくことができました☺️

オフィスアワーでは「おすすめしたいGoライブラリ投票」を開催しました!

今回オフィスアワーブースでは、ご参加された皆さんの「おすすめしたいGoライブラリ投票」を開催しました。投票の結果、一位に選ばれたのは得票数同じで「spf13/cobra」「avast/retry-go/v4」となりました!そのほか、投票結果はこちらです♪

また、参加いただいた皆さんとは、Goライブラリ以外にも「Goの魅力」について楽しくディスカッションさせていただくことができました!

☝️オフィスアワーでご用意したホワイトボードです

ブースにお越しいただき、投票にご参加いたただいたみなさんありがとうございました!


最後に

モビリティ、行政、金融、医療・・・世の中の様々な領域であらゆるものをつなげて、安全で便利で気持ち良い世の中を作っていく。

我々は、ソフトウェア、ハードウェア、両方のプロダクトを自社で開発しています。

私たちが描いている未来は、事業領域が多様で、大きなスケールが必要なものです。そのために、まだまだ多くの仲間に集ってほしいと思っています。

もちろん、転職を考えていて、お話を聞いてみたい!という方は、Wantedlyの求人ページからご応募ください。メッセンジャーでカジュアル面談を希望と添えていただきましたら、まずは気軽なお話からさせていただければと考えています。

今後も下記メディアを通じて情報発信させていただきますので、是非ウォッチいただけると嬉しいです。

🗒ビットキー公式note
▶︎ハイスタンダード文化など、施策や社員インタビューを通じてカルチャーを発信しています

🎤wantedly
▶︎より詳細な会社情報や求人情報を発信しています

*The Go gopher was designed by Renée French. Illustrations by tottie.

株式会社ビットキー's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings