This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

Wantedly経由で入社したメンバーのハートは今燃えているのか!?【後編】

こんにちは!ビットキー採用担当の早坂です!

前回の人事ブログでは「社員のハートは今、燃えているのか!?」をテーマに、Wantedly経由で入社したメンバーにインタビューをしました!

結果・・・

皆さんハート燃えすぎやーん😭🔥!!!!!!!

っていう。大炎上してます🔥というメンバーまで出現し、熱すぎて若干焦げ気味の記事に仕上がりました。(盛ってない&言わせてないですw)

前回インタビューしたのはリーガル・セールスアシスタント・リクルーティングのメンバーでしたが、他のポジションのメンバーはぶっちゃけどう思っているのか・・・。今回はものづくりの担い手、プロダクトチームのメンバーから話を聞いてみたいと思います!!!

最初に声をかけたのは五十嵐さんです!ビットキー初&現時点では唯一の新卒入社の彼!新卒だからこその苦労もあるのでは・・・?ハートの火は今どんな状態なのか、早速聞いてみましょう!

❇︎ 五十嵐 賢哉(ハードウェアエンジニア)2019年9月入社 ❇︎

ーー仕事内容を教えてください。
主に製品の電気設計を担当しています。新規プロダクトの開発マネジメントも担当させていただいています。

ーービットキーに興味を持ったきっかけは何でしたか?
大学で超小型人工衛星を開発していたので、技術的に近い IoT 製品を開発している企業を探していました。ビットキーのことは、スマートロックを開発している企業の一つとして知り、過去にスマートロックを使用したこともあり興味を持ちました。最初の面談で事業のビジネスモデルをお聞きして、同様にスマートロックを開発している他社のビジネスモデルとは根本的に異なることを理解しました。

ーー選考の中で印象的だったことはありますか?
選考というと質問に答えることが多いイメージだったのですが、ビットキーの選考を通してお会いした皆様には、会社として目指していることや自分が達成したいこと、作りたい組織像など自分の思いを熱く語っていただいて、私は話を聞くことの方が多かったことが印象に残っています。

ーーよく言われます!選考なのに面談者の方がよく喋る!と(笑)。入社の決め手は何でしたか?
会社の成長と合わせて自分のできることの幅も広げていけるイメージが持てたことが決め手です。私は将来自分発で世の中に必要とされるものを発想し、開発し、ユーザーの手元まで届けられるようになりたいと考えているのですが、ビットキーで働けばそこに近づけると思いました。

ーー五十嵐さんはビットキー初の新卒採用入社ですよね!キャッチアップ等々、大変なことも多かったのではないですか?
新卒の自分と、高いスキルを持ち前職で多くの経験を積まれた周りの方とのギャップには現在進行系で苦労しています。担当範囲を線引きして責任を押し付けるような方は一人もいないので、いつも周りの方に助けていただいています。

ーーやっぱり苦労も多いですよね。そんな中、ズバリ聞きます。今、ハートの火は燃えていますか?
燃えています!🔥

ーー良かった・・・!その理由を教えてください!
新卒数ヶ月では通常あり得ないほどの裁量を与えていただいているからです。プレッシャーや困難は大きいですが、いち早く開発者としてのプロフェッショナリティを身につけられる良い機会だと捉えて日々努力しています。

ーー前向きに研鑽を重ねているのですね!では最後に、未来の仲間に向けて一言お願いします!
ビットキーでは自分の経験したことのないことにも優秀な仲間と一緒にチャレンジできます。世の中を大きく変える可能性のあるプロダクトを一緒に作りましょう!

続いて、五十嵐さんと同じハードウェアチームの中で、ファームウェアを担当している高石さんに声をかけてみましょう!明るいキャラクターで社内でも人気者です!

❇︎ 高石 圭佑(ファームウェアエンジニア)2019年10月入社 ❇︎

ーー仕事内容を教えてください。

bitlock LITEやbitreaderなどのデバイスを動かすための、ファームウェアという領域の開発担当をしています。

ーービットキーに興味を持ったきっかけは何でしたか?

正直言うと最初はスマートロックの開発にはほとんど興味ありませんでした。既に別の会社の製品を使っていてある程度満足していたので(笑)。
ただ、転職を考えていたタイミングでちょうど自分の専門領域(回路設計×ファームウェア開発)の募集があったので、「話だけ聞いてみるか」と軽い気持ちで話を聞きに来たんです。そして色々な方から話を聞いていくうちに、気が付いたら興味津々になっていた感じです。

ーー徐々にハートに火がついていったパターンですね😏!選考の中で印象的だったことはありますか?

面談をしてくれた方々の熱量が総じて高いと感じたことです。事前にwantedlyのエンジニア紹介記事を読んで面接に臨んだのですが、最初に記事を読んだときは「きっと文章を盛ってるんだろう」と思っていたんです。ところが会ってみたら実際の熱量がもっと高くて、良い意味で驚かされました。

ーー盛っていないことに気付いてもらえて良かったです!(笑)。入社の決定打になったのは何でしたか?

「自分の今までの経験がフルに活かせそうな環境だと感じたこと」、そして「ビットキーという会社が、今後の世の中に大きな変革を与えられる可能性を存分に秘めていると感じたこと」です。

ーー入社してみて今、いかがですか。

業務内容に関して入社前後のギャップは全く無いです。周囲のエンジニアのレベルが非常に高い中で、いかにして自分の価値を出すかに必死です(笑)。もちろんしんどいこともありますが、それよりも楽しさの方が圧倒的に勝ってます。

ーーそんな高石さんにズバリ聞きます!今、ハートの火は燃えていますか?

自分の人生の中でも最大級の火力で燃えています🔥

ーー最大級の火力!その理由は何ですか?

「自分と同じもしくはそれ以上に燃えている仲間がいること」「自分なりの価値提供ができていると感じていること」「会社が目指している未来の実現がとにかく楽しみなこと」です。

ーーえーっと、ちょっと意地悪なこと聞いてもいいですか?

なんでしょう・・・?

ーーさっき、「しんどいこともある」って言ってくれましたよね。ぶっちゃけ、火が消えそうになったタイミングとか、消えてから再度火を起こしたこととか、あるんじゃないですか?

そうですね・・・途方に暮れそうになったことはありましたね。でも、そんな時に救われたのは社内の別のチームのメンバーが積極的に協力をしてくれたことです。
ファームウェア開発を効率化する為のテスト環境を構築してくれたり、社内のエース級のエンジニアが根本的な設計思想から見直してくれたり、プロジェクトマネジメントの専門家が色々と業務の棚卸しを手伝ってくれたり。「お前らでやれ」と責められるかと思いきや(笑)、全くの逆だったので正直驚きました。「ここまで力貸して貰ってんだから、俺も全精力を注ぎ込もう」とも思いました。

ーーハートの火を燃やし続けるためには、チーム内外の仲間の存在が大きかったわけですね。それでは最後に、未来の仲間に向けて一言お願いします!

・スピード感がある
・大企業にも劣らないの規模・数の製品を量産設計
・自動テストなど、IT企業の知見を存分に取り入れる
・責任ある仕事を任される
こんな体験ができる企業はなかなか無いと思います。
特に製造業に在籍している方で「もっと色々な挑戦をしたい」と感じている方にはピッタリだと思います。一緒に働けることを楽しみにしています!

お二方、ありがとうございました!

それでは最後に。

ビットキーでは、ハートに火をつけて仕事をしたい方を募集しています!

ハートを燃やしたくても、その機会に巡り合えなかった方。

ボチボチ燃えているけど物足りない方。

人生最大の火力を体感してみたい方。

そんな方に、この記事が届いていることを願っています!

お会いできることを楽しみにしています!

株式会社ビットキー's job postings
10 Likes
10 Likes

Weekly ranking

Show other rankings