1
/
5

【インターンインタビュー#3】インターン4ヶ月目のサイト責任者水野さんにお話を聞きました!

インターンインタビュー、今回は入社3ヶ月目で金融メディア責任者を担当する水野さんに同じくインターンの本田がインタビューしました!

大学4年生になる直前の春からインターンを始めた水野さん。

なぜポップコーンでインターンをしようと思ったのか、どんな風に働いているのか、大学生活など日常のことから業務のことまで聞かせてもらったので、ぜひご覧ください!

ポップコーン株式会社ではインターン生を募集しています!

学生時代の0社目の経験で周りと差をつけませんか?


webマーケティング/SEO
インターン×メディアグロース!成長期のスタートアップで経験を積もう@新宿
ポップコーン株式会社は、Webメディアを主軸に広告事業、コンサル業、などを手掛けています。 ・月に100万PVを超える「占い・恋愛部門」 ・開始1ヶ月で売上をだし、毎月200%以上の成長を遂げる「金融メディア部門」 ・上場企業と連携をして動かす「マッチングアプリ部門」 ・”新しく事業を始めたい人や事業を動かしたい人と必要なやモノをつなぐ場所”を作る「BtoBメディア部門」 ・占いのメディアから始まった”相談できる場所”を作るための「電話占い事業」 ・弁護士や社労士と協力しながら、”売上を作る場所”を作る「web顧問事業」 など、メディアを起点にさまざまな事業をポップコーン内外のさまざまな人と連携をして行っています。 ♦️主な卒業生の内定先♦️ アクセンチュア、P&G、デロイトトーマツコンサルティング、NTT東日本、NEC、サイバーエージェント、電通、野村総研、凸版印刷、住友商事、ソニー、NTTデータ、三井住友銀行
ポップコーン株式会社
Digital Marketer
26卒27卒大歓迎!webマーケティングの学生インターンを募集
ポップコーン株式会社は、コンテンツマーケティング事業をメインに手がける、2018年設立のベンチャー企業です。 「ユーザーと徹底的に向き合いたい」という想いから、メディア事業を基盤として様々な事業展開や新規事業に挑戦しています。 ◆メディア事業 ・月に100万PVを超える「占い・恋愛部門」 ・開始1ヶ月で売上をだし、毎月200%以上の成長を遂げる「金融メディア部門」 ・上場企業と連携をして動かす「マッチングアプリ部門」 ・”新しく事業を始めたい人や事業を動かしたい人と必要なやモノをつなぐ場所”を作る「BtoBメディア部門」 ・占いのメディアから始まった”相談できる場所”を作るための「電話占い事業」 ・弁護士や社労士と協力しながら、”売上を作る場所”を作る「web顧問事業」 など、メディアを起点にさまざまな事業をポップコーン内外のさまざまな人と連携をして行っています。 ◆多面的な事業展開、新規事業への挑戦 ・CMO代行やマーケティングコンサル事業 ・人材派遣事業 ・電話占い事業 ・上場企業との協業プロジェクト
ポップコーン株式会社


-水野さんの経歴を教えてください!

まず自己紹介をお願いします!

水野:東京生まれ東京育ちです。高校も都内で中高一貫校の小石川中等教育学校に通っていました!

今通ってる大学は早稲田大学の政治経済学部で、4月から4年になりました。

本田:その大学学部を選んだ理由はある?

水野:もともと第一志望だったわけではなくて、、

受験のときは国立の大学を目指していて。最終的に受かったのがここだったのが正直な入学理由です笑

大学入学式のときの水野さん。​

大学でのサークルやアルバイトは?

水野:1年生から2年生まで、早稲田祭の運営スタッフに所属してました!選んだ理由は、高校のとき文化祭の企画みたいなのをしていて、大学でも文化祭企画に興味あって入りました。

本音で言うと、サークルを探し始める時期がちょっと遅くなっちゃって。運営スタッフはまだ募集していたからっていうのもあります笑

人数が多いのでいくつかの班に分かれていて、自分は広報のチームにいました。そこで出会った友達とは今でもよく遊ぶ仲。

水野:バイトは、個別指導塾で講師を1年生の5月から続けています!

実は今も週1で働いていて、高校2年生と3年生に英語と数学を教えてます。

文化祭運営のときの水野さんの様子!楽しそう。

趣味やお気に入りの休日の過ごし方は?

水野:趣味、、パッと思いつかないな笑 

でも外にいることは多くて。友達と飲みに行ったり、塾講の友達とは毎週ジム行ったり。

本田:結構アクティブなタイプかな?

水野:そうなのかも笑 旅行も好きで、日本三景は全部巡りました!

広島での旅行先での写真!​

-水野さんがインターンを始めた経緯は?

水野さんがインターンを始めたのは春休み中でしたよね!きっかけは?

水野:そうですね、インターンを始めた時期は今年の春休みの2月半ば。

1月にコンサルで終活することが出来たので、これからの空いた時間何しようかなと思ったのがきっかけですね!

来年から大手に入ることが決まってるので、大学生のうちにスタートアップ企業がどうまわっているのかを知りたかったっていうのも理由の1つです。

というのも、将来起業してみたいという思いがあって。

そのためにも学生のうちに組織の動き方について勉強したいなと思ってインターンを始めることを考えました!

インターンの中でもポップコーンに応募した理由を教えてください!

水野:だいたい2つのポイントが決め手になったかな!

1つめは、「メンバ−の数が少なくて距離が近そう」っていうところ。メンバーは少ないほうが、より経営に近いところを見れると思ったので。「社長直下」って書いてあるのを目にしてぴったりだと思いました。

逆に、営業とかマーケティングとか職種は割となんでもいいなと思っていて。

2つめは、「ただの作業者にならないこと」ですね。

本田:そこを重要視したきっかけは?

水野:友達のインターン先の話を聞いて。そこではひたすらテレアポをするって聞いていたのでそれはやりたいこととは違うなと思ったので。

自分は何か自分で思考して実行していくような責任のある立場で働きたいなと思ったんです。

本田さんのインタビューを見て、こんなに早いうちから採用責任者になれる環境なんだ!と思ってかなりそこが決め手になったかな!

-実際に受けたポップコーンの面接はどんな雰囲気でしたか?

水野:最初の面接の感触としては、落とされるかなと思ってました笑

本田:ええなんで笑

水野:以前のWantedlyインタビューを見たときに、面接は5分で終わったって書いてあったので。僕の場合は思ったより長くて合計30分くらい話してました!

社長の大澤さんとCMOの今井さんの2人とも話して、なんでインターンを始めたいのかっていう理由とか目標の部分の深掘りをしてました。

本田:面接の雰囲気はどうでした?

水野:長かったと言っても、詰められてる感じではなかったです!

あとベンチャーぽさはすごく感じたかな。っていうのも、就活の面接をたくさん経験していたので、形式的な面接に慣れてたから。

ポップコーンの面接では「固くならずそのまま思ったことを話してほしい」っていうようなラフな感じで新鮮でした!

-インターンを実際に始めてみて

初日から1週目にかけてはどんなことをしましたか?

水野:聞いてはいたけど、初日から業務の進むスピードが早かったので、改めてびっくりしました笑

まず1日のうちに記事の執筆から、研修の次の段階の記事の構成作り(記事の骨組み)までやることになって。

水野さんのようにすぐ構成まで入ることは珍しいです!​

本田:業務の進め方はどんな感じでした?

水野:30分くらいで構成を作ってみて、今井さんにFBをもらってまた修正してを繰り返して仕上げていきました。

マニュアルがあるというよりかは、実際に手を動かして慣れていくイメージで。最初は苦戦したけど、初めてやる内容で面白かったです!

任せてもらうことは初期から変わりました?

水野:最初の1ヶ月は金融の記事コンテンツの構成作りがメインの業務でした。

そのあと金融系のサイト責任者を任せてもらうことになって

前までは任せられた記事の構成を作っていたけど、それに加えて記事のキーワード出しをしてどの記事内容から優先的に進めていくかとか、サイト企画っぽい部分もやるようになりました!

本田:すごく早く責任者を任されてますよね!負担はなかった?

水野:正直ちょっと不安はあったかな。 入ってから1ヶ月半くらいで責任者クラスを任せてもらったので。

でももともとそういうポジションを担当してみたかったこともあって良かったです。

今になって振り返ると、当時はとりあえず目の前のことに集中していたので、目標達成までの手数をもっと増やせたなーとか思ったりします。

​私も振り返ってもっとできたなと思うことが多いので、わかります笑

普段の働き方は?

水野:今は週4くらいでオフィスで働いてます!

本田:リモートで働くことは少ない?

水野:こないだリモートワーク試したけど集中できなくて。笑

オフィスにくればすぐ質問もできるし、家も近いので僕はオフィスに来て作業するようにしてます!

大学の授業が週3であるので、そのあとに来ることが多いかな。土日もOKなので、用事がない日はシフト入ってますね。

インターンを始めてから成長したなと思う部分はありますか?

水野:そうですね、正直まだまだ改善していきたいところの方が多いけど。。成長している感覚は一応あるかな笑

本田:SEO(webマーケティング)のスキル的な観点でいくと?

水野:あーそれで言うと、SEOのことはこの数ヶ月でかなり頭に定着するようになりました。

そこから任せてもらえることが増えた分、マインドセットの面でまだまだ伸ばしたい部分がありますね。

目標達成にコミットする姿勢みたいな部分はこれからもっと学んでいきたい。

-ポップコーンの働く環境について聞いていきます

自由に使える社内のコーヒーメーカー

この数ヶ月働いてみて、働く前と印象が変わったところはある?

水野:いい意味で想定と違うところはないかなと思います!

数ヶ月働いた印象としては、インターン生としてよりはメンバーとして接ししてくれるなって感じ。

最初の想像どおり、作業者ではなく自分で意思決定できる環境だなとは思う。

あとは、スタートアップでスピード感がある環境なので、事業とか方針とかの方向転換が早いなというのはすごく実感してるかな!

他のメンバーとの交流は?

水野:業務内ではCMOの今井さんと話すことが一番多いかな。

SlackのチャットやMeetで分かんないことはすぐ聞けるし、気軽に相談しやすい環境です。

インターン生同士での交流は、みんな黙々と作業している時も多いので笑

これからもっと増やしていきたいなと思っています!

インターン生がかなり多くなったので、交流会やご飯会も企画していく予定!

-ポップコーンにはどんな人が合うと思うか

数ヶ月働いてみて、ポップコーンにはどんな人が合うと思う?

水野:えーなんだろ、難しいな笑

でも自分で考えて動ける人、もしくは自分でもっと意思決定をしてみたいと思ってる人は合うんじゃないかな。

仕事の概要を教えてもらって、どんな風にそれを進めていくのかっていうところから考えることが多いので、ただ手を動かすだけじゃ嫌な人は向いていると思いますね!

逆にこんな人と働けたら楽しいなっていうのは?

水野:いっぱい話をしてくれる人笑

本田:というと?笑

水野:プライベートとかも含めて話せたら、業務について話すときもコミュニケーション取りやすい気がするので。

あとは、今男の子が少ないので、男子ももっと増えてくれると嬉しいなとは思ってます!

今インターン生の男女比率は​2:5。男子のインターン生も募集しています!(もちろん女子も)

ポップコーンの推しポイントはありますか?

水野:バイトとはまた全然違うところかな。

本田:バイトとは違うというと?

水野:これまでも執筆だったりメディアの分析部分だったり色んな業務を任せてもらってきたので、他のバイトやっていたときよりも試せる幅が広いなと思います!

それ以外にも、ご飯会で色んな社会人に会える機会があるのも他では多くない機会だなと。

ポップコーンでは1ヶ月に1回ほど社内外の人をオフィスに呼んでご飯会を実施。

-今後について教えてください!

最後の大学生活、プライベートでは目標ありますか?

水野:最後の年なので卒業旅行かな!タイとか東南アジアに行きたいです。

あとは、就職に向けて、簿記2級の取得が推奨(半強制)なので。

それに向けて勉強するのがこの1年やりたいことのひとつかな。

インターンでの今後の目標は?

水野:うーん、サイト責任者ゆくゆくはメディア責任者になれるように頑張りたいです。

そのために、やっぱり目標達成するためのマインドセットを身につけたいですね。

あとは、設置してもらった目標に向かって必要な逆算思考もできるようになりたい!


ここまで、ポップコーンインターン生水野さんのインタビューをしてきました!

入社してからとっても早いスピードで事業責任者まで任された水野さん。

自分も空いた時間で何か新しいことを始めたいと思った方は、カジュアル面談からでもぜひお気軽にご応募ください!














ポップコーン株式会社's job postings
214 Likes
214 Likes

Weekly ranking

Show other rankings