1
/
5

Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

社内的に知ってほしい、僕についての話。

お世話になっております!

株式会社AVII IMAGEWORKSで企画・ディレクターをしております、

タカハシ ヒロキです。

まだ入社して2週間も経たないペーペー企画マンです。

社内の人に向けてタカハシってこんなやつです!という具合で書いてるので、ぜひ読んでください!

まずは自己紹介と経歴から

大学に2年通って現在は休学中の23卒です。

好きなものは、ビールとコーヒーそれからNIKEです。

趣味は映画鑑賞とSNS、休日はとにかく家に引き篭もっています。

映画は、メン・イン・ブラックとかMARVELの映画をよく見ます、デッドプールとか。


中学、高校では陸上やっていて、元々は100m,200mを走る短距離選手だったのですが、

あまりにも走るのが遅すぎて中学では総体に出ることすらできませんでした。

高校に入ってからは有り余るスタミナに適性を感じて、中長距離に転向した後に

駅伝まで走った珍しい経歴の選手でした。

その後志望の大学には受からずに、地元の私立大学に入学しました。

いわゆるFラン大学です。

入学時から将来とか就活に対して学歴コンプレックス全開でした。

そんな僕も大学に入ってしまえば、ただの大学生なので、

将来の事なんか忘れてバイト戦士へと成り果てました。笑

2回生の夏休みとある日、高校の先輩から「うちの営業会社でインターンに来い」と

誘われたことをきっかけに風向きが大きく変わりました。


スタバでアルバイトをしていた僕は、一通りの接客や販売促進、お客様とのコミュニケーション

突き詰めると、「モノを売る」ということに関しては人並み以上に自信がありました。

そんな淡い幻想はインターン初日に粉々にされました。。。

インターン先の営業会社では初日に研修をしたのちに、すぐに実践をするタイプの会社でした。

「まぁモノ売るだけなら余裕やろ」「新人の中から速攻幹部になってやろう」

なんて高を括っていた僕の鼻っ柱は盛大に折れました。笑

とにかく全くアポイントが取れなかったんです。

得意げだった僕は、初日の全体ミーティングの最中に悔しすぎて泣いてしまいました。

そこから辞めてしまうまでは、すごく早かったです。

目標の設定→稼働→未達→詰められる→目標の再設定→稼働→未達→詰められる。。。

みたいな感じのを1ヶ月くらいくり返して、辞めてしまいました。

「自分、営業向いてないんか。。。」って相当落ち込みました。

その後2社でインターンとして働いて自信を取り戻します。                    (今回は就活記事じゃないので、この記事はインターンについてのトピックでそのうち書きます!)

そこからなんやかんやあってAVII IMAGEWORKSという会社を見つけ、今に至ります。

学生をしながらフルタイムで働くというのはハンデになることが多いと思います。

逆にフルタイムで働く学生は希少だし、その境遇でしか出せないバリューがあると思っています。。。


こんな感じでざっくりと僕の自己紹介でした!

読んでいただきありがとうございます。

株式会社AVII IMAGEWORKS's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more