1
/
5

【長期勤続社員にインタビュー】今までを振り返って大変だった事と乗り越え方について

こんにちは!
アウンコンサルティングには「アニバーサリー休暇」という制度があり、入社から1000日刻みで会社から休暇や記念品などが贈呈されます。
今回は入社5000日を迎えた新規営業チームの島津と、3000日を迎えた既存営業チームの相澤がこれまでの振り返りと、これからの目標を語ります。

プロフィール

島津 健三(しまず けんぞう) 2007年12月中途入社

略歴:金融系会社5年間の勤務を得て、アウンコンサルティングに転職。
入社当初は広告運用担当として活動し、その後、新規営業チームに異動。圧倒的な営業成績を残し、2017年6月シニアエキスパートに昇格し現在に至る。


相澤 麻美(あいざわ あさみ)2014年4月新卒入社

略歴:大学卒業後、新卒でアウンコンサルティングに入社。現在既存営業チームに所属。多言語/インバウンドプロモーション支援に従事しています。


中途入社の島津さんは入社から5000日、新卒入社の相澤さんは3000日アニバーサリーですが、入社から今までを振り返って一言で表すとどうでしょう?

島津:一言では表せないですね(笑)本当に色々ありました(笑)
相澤:私も乱高下が激しかったですね(笑)

特に苦労した時期はありましたか?

島津:入社して1~3年の、新しい環境や業務に慣れるまでが大変でした。
私は元々金融業界で働いていて、Webマーケティングの知見を習得するためにアウンに転職しました。
転職した当初はマーケティング用語も、業界知識も、AUNの文化も何もかも分からず苦労しましたが、
キャリアアップをするためにアウンに転職したので、ある程度大変なのは覚悟の上でした。なので、大変ではあったのですが無我夢中の毎日で今日まであっという間でした。
相澤:私は入社3年目が一番大変でした。
3年目は、自分の中の勝ちパターンのようなものがある程度決まり、自信が付いてくる時期でもあるのですが、私はそれが覆されるタイミングがあり、悩んだ時期がありました。
解決策としては、一人で考えていても仕方ないので、自ら先輩社員にアドバイスを貰いに行っていました。
自分の型と異なる手法でも一旦全て受け入れて、真似して、実践することを繰り返していくうちに、視野を広げることができました。

働く環境面で今のアウンの課題はなんだと思いますか?

島津:最近ですとやはりリモート体制になってから変化が出ていると思っています。リモート体制は良い面もたくさんあるので一概には言えないことですが、オフィス出勤していた頃と比較すると、社内ですれ違う、ランチ時間等のふとした瞬間に生まれるコミュニケーション量は圧倒的に少なくなっているように感じます。
こういったコミュニケーションは必須ではないけれど、モチベーションに繋がったり、新しいものが生まれるきっかけになったりもするので、リモート体制においても同様に実現していく方法を模索し続けていくことが重要だと思います。
相澤:私もリモート体制下において、周りが困っていることが分からないところが課題だと感じでいます。
リモート環境では、対面の時と比較して困っている人がいても周りが察することが難しいです。
課題を抱える人は自ら発信しないといけません。私自身は割とぐいぐい質問出来るタイプなのですが、誰かに相談するのが苦手な人にとっては、その一歩踏み出すことは、ハードルが高いことなのかもしれませんね。
私自身もリモート環境ではより周囲に困っているメンバーがいないか気付けるように働きかけていきたいと思いますし、社内ではいくつかコミュニケーション施策を行っているので、それを上手く作用して円滑なコミュニケーションをとっていけるようにしていきたいです。


アウンで実施しているコミュニケーション施策について↓

oVice

oViceとは、oVice株式会社が提供するバーチャルオフィスツールです。
アバターを自由に動かし、メンバーに近づいて気軽にコミュニケーションを取ることが出来ます。

oViceについての記事はこちら↓

AunCafe

AunCafeとは、当社で2021年3月から始まった「雑談コミュニケーション施策」です。
毎月第3水曜の午後に30分間、テーマを決めて5~6名程度のメンバーで雑談をします。
テーマは「野球」「好きな映画」「子育て」のように、趣味や私生活に関することなど様々です。

AunCafeについての記事はこちら↓

ATS(Aun Teams Smile)

2020年4月から運用開始した新卒社員×既存社員のコミュニケーション施策です。
コロナ前は「新入社員ランチ」で既存社員とのコミュニケーションをとる機会がありましたが、完全リモート体制となり、この施策がスタートしました。
毎日新卒社員が日替わりで夕方の30分間ホストを勤め、既存社員のゲストを迎えてお話をします。
時間のある社員は自由に参加することが出来ます。

AunLive

2021年3月から始まった社内向けの「動画配信施策」です。
リモート体制により社内の状況がわかりづらくなってしまったため、社員インタビューやAunCafeの様子を録画し、社内に配信しています。
社員はラジオ感覚で動画を視聴し、同時に同僚の考え方や会社の新しい取り組みなどを知ることができるコミュニケーション施策です。

充実した休暇制度を利用して、今後どのようなキャリアを積みたいですか?

島津:会社に何かを残したいですね。
私の年齢で今後のキャリアを考えるとまとめの時期となるので、ノウハウ面や制度面でなにか会社に還元できればと思っています。
あとは、その都度会社に求められることにしっかり答えていけたらと思っています。
相澤:アウンは年齢や性別関係なく挑戦できる環境なので、自社サービスに囚われず広くスキルを身につけつつ、マーケティングのスペシャリストになれたらと思います。
また、「よく働き、よく休む」という働き方ができる環境なので、日々の生産性を上げ目標を達成し、プライベートと仕事を両立していきたいと思います。

いかがでしたか ?
少しでもアウンが気になった方は話を聞きにいらしてください。

アウンコンサルティング株式会社's job postings
8 Likes
8 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more