Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

在宅勤務社員が繋ぐ ~東京×沖縄の連携~

こんにちは、今回でインタビュー記事も9本目になりました。
第9弾は在宅勤務で働く2名の社員に働き方について赤裸々に語って頂きました。

対談者紹介


左:レックスロード 真湖都(レックスロード マコト) 2019年3月中途入社
所属チーム:管理グループ経営企画チーム
経歴:長崎大学を卒業後、カナダでMBA取得し、海外のマーケティング関連の企業で活動。
旦那さんのお仕事柄、海外での生活が長く、人生の大半は海外で過ごす。
去年の6月に帰国後、グローバルマーケティング企業のアウンコンサルティングにジョイン。


右:田尻 愛(タジリ アイ)2016年11月中途入社
所属チーム:管理グループ連結決算(経理)チーム
経歴:元々は教育業界で約8年間、予備校の教室管理を行っていました。
旦那様のお仕事柄転勤が多く、その時に、手に職を付けるために簿記を勉強し、経理事務としてのキャリアをスタートする。より高いレベルの環境を求め、アウンコンサルティングにジョイン。
約2年間沖縄支店で勤務を行い、去年の11月から旦那様の転勤により在宅勤務に変更。

1日のスケジュールは

田尻:業務を開始する前に連結メンバーにチャットツールで挨拶をすることから業務に入ります。
その後、1日の流れをミーティングでメンバーと共有し、月次業務や監査など全体スケジュールの確認を行います。
時期によって業務内容は異なりますが、本社・海外法人の記帳業務や支払業務、決算業務など、個人に割り与えられている業務を行います。
監査期間中は監査法人とのやりとりなども行っています!


レックスロード:まずは1日の業務の確認を兼ねてチームでミーティングを行い、スケジュールと進捗状況の確認をします。
日によって業務の流れは変わるのですが、メールチェック、経営会議の資料作成、リサーチ業務、与信審査、リーガルチェックなど経営企画チームの業務全般を行っています。

在宅勤務のメリット・デメリットは

レックスロード:メリットに関しては、通勤時間を節約出来る点1番は家族との時間を取れる点です。家族との時間が増えた事でメリハリがつき、仕事に集中できる時間が増えたのを実感しています!
後は、職場環境に左右されず集中出来る点です。
私はすごく寒がりなので、前職では空調がききすぎて業務に集中出来なかった経験がトラウマになっています(笑)
今が在宅勤務で3社目になりますが、アウンコンサルティングはツールやバックアップ体制が1番整っているので、今まで1番働きやすいと実感しています。
なのでお世辞抜きでデメリットはないですね(笑) 


田尻:場所に捉われず業務ができる点がメリットだと思います。
在宅勤務で出来る業務、出来ない業務をしっかりとメンバーと共有し、業務を分担しなおした事によって、とても働きやすい環境になっていると思います。チームの協力には本当に感謝しています!
後は、家族との時間が増えた事によって、同じくより仕事に集中出来るようになりましたね!
デメリットと呼べるかは分かりませんが、メンバーの方とランチ行ったり出来ない点があるので、時々寂しくなる事がデメリットかもしれませんね(笑)

業務のやりがい


田尻:私にとっての業務のやりがいは、日々成長を実感出来る点です!
最初、経理の仕事は地味な印象でしたが、アウンコンサルティングに入って連結チームで業務を行っていくと、常に正解がない問題を導き出さなければいけない状況や1人では処理出来ない事例をメンバーと協力しながら取り組む事によって、日々スキルが上がっていく事を実感しています。
毎日、成長出来る喜びがあるのが1番のやりがいに繋がっているのかもしれません。


レックスロード:業務でのやりがいは高いレベルのメンバーと仕事が出来ている事です。
業務を通じて、常に刺激を受けているので、気付かなかった発見や自分自身のスキルアップにつながっているのを実感しています。
私自身の業務範囲も幅広いので、毎日新鮮な気持ちで業務に取り組めるのもモチベーションにつながっていると思います。
本当に今の環境、チームに恵まれているので、その点がやりがいにつながっていると感じます!

今後の働き方について

今回も「あ・うん」ポーズで撮影! 2人ともハニカミながらやってくれました(笑)


レックスロード:もっと多くの企業で在宅勤務制度が進んで欲しいと思います!
そして在宅勤務がスタンダードな働き方になればと思っています。
そのためにも在宅勤務でもしっかりとキャリアアップ出来るような環境が実現する事が重要だと思います。在宅勤務では出来る業務と出来ない業務があり、現状ではキャリアアップには限界がある状況です。
その点を解消するためにも、明確な評価制度によってキャリアアップのチャンスが広がれば、社員のモチベーションアップに繋がり、企業と社員の両者にとってプラスになると思っています。


田尻:弊社のように柔軟な働き方が認められるようになればと思います。
私のように、転勤族の人は働きたくても働けない人が多いので、在宅勤務制度がもっと増えれば、キャリアを諦めず働ける機会が増えると思っています。
在宅勤務では、コミュニケーションが希薄になってしまう点が不安視されますが、私は在宅勤務を通じて今までよりもにコミュニケーションが増えたのを実感しています。
企業や社員の方が抱えている不安要素も払拭出来ると身をもって実感しています。


今回のインタビューを通して、改めて優秀なメンバーと一緒に働ける環境をつくっていくことの重要性を感じました。アウンコンサルティングはメンバーがよりモチベーションを高く働ける環境をつくっていくので、ご興味のある方は是非ご連絡下さい!

アウンコンサルティング株式会社's job postings
24 Likes
24 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more