1
/
5

「同じ志の仲間と、一緒に会社を作り上げることができるのが貴重」ーITコンサル王さんがARKに入社するまで

こんにちは、ARK CONSULTING 広報担当です。
メンバーの働き方についてご紹介していく企画。本日は、ITコンサルタントの王さんがARKに入社するまでと今後についてです。


日本語を専攻し学んでいる中で、プログラミングやITに出会う

広報:本日はよろしくお願いします。まず初めに、これまでのご経歴を教えてください。

王:よろしくお願いします。私は大学まで中国におりました。日本語を専攻しており、言語に興味がありました。大学卒業後、日本へ留学し大学院では言語学の研究を行っていました。データベースを利用していたので、プログラミングやITの領域に興味を持っていました。

修士を終えて、新卒でアクセンチュアでSEとして入社しました。実務としては、ITシステム導入、運用保守など、2年ほど従事していました。SEの立場で仕事をしている中で、さらにお客様と近いところで仕事をしたかったのですが、SEではそれが叶わない。システム寄りではなく、よりお客様寄りの立場で物事を進めていくITコンサルにポジションチェンジするため転職を考え始めました。ITをあくまで手段として、お客様の課題解決をしたいと考えたのです。

就職しSEとして働いていたが、お客様寄りで仕事ができるITコンサルタントへのポジションチェンジを考え、転職へ

青野:2年ほど経って、アクセンチュアからの転職を考え始めたのですね。

王:そうですね。その後は、外資系コンサルティング会社に入社し大阪にあるメーカーのプロジェクトにジョインしました。遅延があり、プロジェクトに入った時は大変だったのですが、担当業務をしっかり遂行して、全体のスケジュールを円滑にしていきました。ITコンサルタントとして職務を進めることができるやりがいを感じつつ、次に東京での自動車メーカーのプロジェクトにアサインされ、その中でARKの社員と出会いました。

これまでに大手のコンサル会社で働いていて、ARKのようなベンチャー企業での勤務経験はなかったので、話を聞いて面白いと感じました。ただ、ベンチャーはリスクが高いのではという懸念もありました。そんな中、今のARKの社長と個別で話して、会社を作った目的や、理念の説明を受けました。
安定を求めることだけではなく、今までのコンサル業界でできないことをやろうとしているという話を聞いて、一緒に会社を作っていきたいと感じるようになりました。そして2020年の8月、ちょうど1年前にARKに入社しました。

同じ志でいる仲間と出会い、「考えを直接伝えられる」「自由度が高い」のがARKの特徴。今後、さらに会社のブランド力を高めていきたい

広報:ARKに入社されてのお仕事や、どんなことを感じていらっしゃるか教えてください。

王:ARKでは、ITコンサルタントとして日経消費財メーカーのBIに関する開発・設計を行っています。今いる社員の出身も大手コンサルで、共通の経験があるメンバーが多いため、仕事でもプライベートでも、似たような価値観や志を持っていると思います。

ARKでは自分の意見や考えを、直接社長に伝えることができる。また、勤務については自由度が高く、自分自身で決められる。素直に思う事を発言できる雰囲気があると感じています。

私は今後もITコンサル業界にずっと関わっていたいと思っているのですが、その中でも、会社の知名度やブランド力をどうやって高めるかを考えていきたいと思います。また、社員としてしっかり仕事を遂行し、クライアントに高い評価をもらうこといや、社員それぞれがブランドになっていく事を心がけていきたいと思っています。

青野:ARKにはどんな方が向いていると思いますか?

ITコンサルティング業務の経験値や興味は必須だと思います。人間性としては、今の生活に安定感を求めるだけではなく、チャレンジをしていきたい人が向いていると思います。また、小さな会社なので他の大手の会社と仕事をする場合もあり、自分自身が会社を背負う気持ちで責任感を持って業務をしていく必要があると考えています。

ARK CONSULTING株式会社's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings