1
/
5

挑戦を大事にするARKの、一人一人が能力を発揮しやすい環境づくり(前編)

こんにちは。ARK CONSULTING 広報担当です。

ARKの社内環境づくりや社員の働き方にまつわるルールについて、取締役の加藤がお答えしていく形でご紹介していきます。本日は前編です。


■自由度が高いワークスタイルで、それぞれが業務に従事

広報担当(以下、広報):加藤さん、本日はよろしくお願いします。最初にですが、会社として準備している制度やルールはどんなことでしょうか。

加藤:はい、よろしくお願いします。まず会社として、一律で従業員へ提供していることとしては、

・業務用PC貸与
・業務用携帯貸与 iPhone
・在宅/リモートワーク/フレックスタイム制
・各種保険

の4つが基本になります。そして、社員のワークスタイルの部分では、コアタイムなしのフルフレックス制を導入しています。休暇についても、年末年始・土日祝日以外は、有給を一律入社した当日のタイミングで14日間付与していますので、自由に休んでくださいというのが弊社のスタイルになります。

広報:働く場所、働く時間もご自身の判断で、というのは、一般的な会社と比較すると自由度が高いですね。

加藤:そうですね。全体の約90%がフルリモートで働き、自宅で作業をしています。それでもオフィスに来て仕事をしているメンバーもいますし、各自の判断で働いているという状況です。


■社内コミュニケーションが希薄にならないよう、ルールでカバー

広報:自由度が高い一方で、各々プロジェクトに参画していたり、日々フルリモートで業務をしていると社内のコミュニケーションが取りにくいこともありますね。

加藤:そうですね、そこは課題だと思います。ARKでは半期ごとに全体ミーティング後、Web会議で行うようにしていて、そこでお互いの近況や、現在の売り上げの達成状況を共有する機会を設けています。また、業務のミーティングのなかでも、最後15分ほど雑談の時間を入れるなどの仕組みを取り入れています。

また、これは希望するメンバーによる参加型プロジェクトなのですが、YouTubeチャンネル「ARK TV」を立ち上げています。会社のメンバーがどんなことをしているかを紹介したり、社員が考えるビジネスに役立つ情報発信を行っているところです(YouTubeチャンネルは現在、中国語のみで発信)


■社員研修に特に注力、実践さながらの充実したプログラム。認定資格取得も全面サポート

広報:動画を見ると、皆さんが楽しみながら企画に参加されている様子が伝わります。社員のスキルアップを支援するものとしては、どのようなものが挙げられますか?

加藤:現在は、社内向けの研修制度に特に力を入れています。当社は、ITコンサルタントとして働いていた者が多く所属しているため、それぞれの得意領域での知見や豊富な現場経験で培ったITスキル・コンサルティングスキルをダイレクトに研修に反映することが出来ます。

ベテラン社員が実際の現場で身に着けたスキルを研修を通じて共有することで、全体のスキルセットの底上げを図る仕組み作りを目指しています。
ここが、一般的な会社さんの研修とは異なるところだと思います。

研修のカリキュラムとしては、一般的なロジカルシンキング、PowerPointの作り方といったドキュメンテーションのスキル、取引先に赴きコミュニケーションを取る際のファシリテーション、要件定義を進める際の進め方など、若手メンバーにもすぐにコンサルティングのスキルを移行できる体制も整えているのが、ユニークなところかと思っています。

また、弊社が注力しているSAP領域には認定資格があるのですが、取得するための受験費用等は全て会社負担で行っています。海外拠点を有するクライアントのプロジェクトに参画するケースがあるため、そのような従業員向けに1年間の語学研修を受けることができる制度も整えています。こちらも、費用は会社負担で、いつでも自由に受けてよいものです。

広報:SAP領域のプロフェッショナルはもちろん、経験が浅い、これから経験を積みたいという方でも、すぐご活躍できるような環境を整備しているのですね。

この記事は、挑戦を大事にするARKの、一人一人が能力を発揮しやすい環境づくり(後編)に続きます。

ARK CONSULTING株式会社's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings