1
/
5

Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

【スタートラインは決まってビリ…】圧倒的努力型COOに話を聞いてみた。

前回、同じく役員の辻野のインタビューを公開しましたので、
今回は取締役COO伊藤(あだ名:ケイティ)のご紹介をしていきたいと思います!

転職でANVIEのボードメンバーとしてジョインし、最短距離で取締役COO伊藤は共同創業の辻野とは少し経緯が違うと思います!

今回はそんな20代COOのケイティの実態に迫っていこうと思います!

▼プロフィール
伊藤佳泰(Keitai Ito)/あだ名はケイティ!現在ピチピチの25歳(2019年現在)
ANVIE株式会社取締役COO
リクルートキャリアに入社。踠きに踠いた1年目を送り、2年目に花が咲きMVP受賞。数千人が参加するアワードでプレゼンを行う。
2018年12月にANVIE入社し取締役COOに就任。圧倒的努力型タイプ。

『世の中に何かインパクトを残したかった』

ーANVIEに入社前は何をされていたんですか?

前職はリクルートキャリアでリクナビ扱う部署で働いてました。最初は同期に比べても一番底辺の結果で…かなり苦労しました。

2年目には、努力が実って部内、全社のMVPをとる事ができて、ビジョンミッションアワードという数千人の前で自分が出した成果をプレゼン舞台にもあげてもらいました。当時の2年目のひよっこな自分にとっては、急展開すぎて嬉しさを感じる暇もなかったのを覚えてます(笑)

学生の頃はサッカー三昧で、ずっとサッカー選手になりたいと思っていましたが、なぜサッカー選手になりたいのか、大学卒業までの間ずっと考えていました。

そして行き着いたのが「世の中に何かインパクトを残せる人になりたい!

そこそこのサッカー選手では世の中には知ってももらえません。そこで起業、会社を経営することの方が世の中に与えるインパクトは大きいと、ビジネスの世界に行く事を決断しました。
(本当は今でもメッシみたいになりたい。)

起業する土台を作るには、

①圧倒的に成長ができる環境であること
②分野を決めるために、様々な業界と関わりのある業界であること

という軸で探しリクルートにたどり着きました。

『スタートラインは決まってビリから』

ー1年目苦労されたと思うのですが…

苦しくはなかったです。挫折とも思っていません。(…食い気味)

自分は生まれつきセンスがないと思っています(笑)サッカーは特に向いてなかったので、人の何倍も努力しました(笑)

スタートラインは決まってビリから始まりますが努力量で解決してきたタイプの人間です。努力は慣れっこ、努力の仕方は知っています。

ただ、努力だけでは結果は出ないので、逆算で考え、科学的な努力ができるよう常に心がけていました。

ーお仕事される上で今までの経験やスキルが役に立ったことはありますか?

めちゃくちゃ活きていると思います!
リクルートでは、ガッツで売る<冷静に理論武装をしていくような営業スタイルを身につけたことは大きかったです。いかに効率的に心を開いてもらえるか、課題を顕在化させ最適な打ち手を提案するということを高速で回す必要があったので、そのために必要な仮説構築能力や、問題を因数分解し整理する力、クロージング力など今に活きていると思います。

また、営業はすべての仕事のベースと言われますが、課題解決の構造はどの仕事も同じなので、自分たちにとっての課題を探し、打ち手を打つことができるようになりました。

リクルートの場合は成果を出したら、それをちゃんと言語化し再現性のある形にするというサイクルを教えてくれたので、自分を実験台にしながら、営業の型を作り、営業企画として機能してるとも思いますね。


『COOのミッションは会社の数字を作り守り抜くこと』

ーANVIEに入社された経緯や実際どんなお仕事をされているんですか?

リクルートでは、優秀な形が周りにたくさんいるので、大きな失敗ができない。また会社では評価されていましたが、世の中的な自分の市場価値とリクルート内の市場価値に差異があると感じ、それを確かめるべく会社を出ることを決意しました。

自分で起業準備を進めていましたが、その時友人だった柴田が起業していて、自分の思い描いていた道にいた事、意思決定における価値観が一緒だったこともありボードメンバーとしてジョインし、一緒により遠くに行こうと決意しました。

リクルートでは営業をメインで行っていましたが、スタートアップとなると業務はたくさんあります。
営業企画、営業、新規事業の事業開発、採用、組織人事、経営までなんでもやってます。

特に私の仕事のミッションは「会社の数字を作る事」。目の前のキャッシュ・売上の2指標を守り抜く守備的なポジションですね!

(杉崎:めちゃめちゃプレッシャーがかかりそうですね!)

ー仕事をする上で何が原動力となっているのですか?

もともと仕事は大好きで、プライベートと仕事の境目はあまり考えたことはありません。仕事は趣味みたいな感じになってますね(笑)

自分の選択した道を肯定化するために目に見えた形で結果が欲しいという根源的なモチベーションになっていると思います。ANVIEにジョインしてからは、役員として自分が止まったら会社も止まるという恐怖心もありますが、周りのみんながいつも頑張っているので、自分もみんなのために頑張りたいと思っていますね。

ー今後の会社の展望を教えてください!

1兆円企業作るまで突き進みたいですね!そのために、役員として常に高い視座で意思決定をして優れたビジネスを作り出したいです。

そして、一緒に会社を作っていく人の個性を最大限に活かして社員が輝いている組織にしたいです!

ー最後に候補者の方にメッセージをお願いします!!

ANVIEでは一緒に会社を作っていくメンバーを大、大、大募集しています!
幹部候補やクリエイター、エンジニア、ディレクター…などなど様々な職種があります!
環境的にも若いメンバーが多く、活気と笑顔が溢れています!

是非ご興味頂けたら、一度カジュアルに面談ができればと思います。

ANVIE株式会社's job postings
6 Likes
6 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more