1
/
5

エンジニアは「システム」も「幸せ」も築く。組織への興味が生まれた道筋|荒瀧 悠

情報系専門学校卒業後、社内のイントラネット運用担当からキャリアをスタートさせた荒瀧さんがアンドパッドへ入社したのは2021年4月。現在は自社プロダクト「ANDPAD ボード」チームのエンジニアリングマネージャー兼、エンジニア採用マネージャーとして活躍しています。
長年関わってきたシステム作りから、組織づくりへ興味が移っていった経緯と、働く中で感じるアンドパッドの魅力について聞きました。


荒瀧 悠 | Engineering Manager/エンジニア採用マネージャー
情報系専門学校卒業。社内イントラネット担当を経て、業務システム開発プログラマへ。その後、本格的なものづくりに目覚め、商社や受託開発会社などで働く。2021年4月より現職。

システムを運用する人から作る人へ

ー現在はエンジニアリングマネージャー兼エンジニア採用マネージャーとのことで、どのようなお仕事をされているのでしょうか。

「ANDPAD ボード」というプロダクトチームのEMと、エンジニア採用マネージャーを兼任しています。前者は、ピープルマネジメントが主でチーム間の調整やメンバーアサイン時、異動時の調整を行っています。後者は、採用に関わる活動全般の調整や意思決定、業務フローの整備などを行なっています。

―マネジメントのお仕事が主なのですね。これまではどのようなお仕事をされてきたのでしょうか。

専門学校卒業後、最初は社内イントラネットの運用をやっていたのですが、システムを運用する側から作る側へキャリアチェンジしたくて、20代前半に業務システム開発会社へ転職をしてプログラマデビューしました。

その会社では、システムにもユーザーの声が届くようになっていました。フィードバックを聞く中で、「半日かかっていた作業が5分で終わる」といったパラダイムシフトが起こせるシステム作りとは何だろう?と考えるようになったんです。

頼まれたものを作るだけでは、そういったものを作るための勘所が得られないと感じたので、20代半ばで小さな商社へ転職して、一人で一通りの工程を経験しました。

―「一通りの工程」とは、どのようなことを行ったのでしょうか。

アナログな現場の受注をオペレーションや出荷オペレーション、クレーム対応などについて、全部自分で担当しながら課題を洗い出しました。そして、「こういうシステムを作ったらいいんじゃないの」と企画し、実際自分で書いてサービスを立ち上げ、運用も行いました。


システムを作るのは「人」、だからこそマネジメントの世界へ

―アナログからシステム化まで、本当に「一通りの工程」ですね。

そうなんです。でも、一人では大きなシステムは作れないので、次は上場企業へ転職したんです。大きなシステムの一部として、ステークホルダーと企画調整業務をやったり、ベンダーコントロールをやってみたり。

いろいろと経験を積み、「そういうシステムを形にするのは、エンジニア。結局のところ『人』じゃん」と、何か悟りを開いてしまったんですよね。

―システムそのものだけでなく、システムを作る「人」まで視野がひろがったのですね。

そうなんです。そこでまた「全ての工程に複数人で密接に関われる場所ってどこだろう?」と考えて、また受託開発会社に戻ったんですよね。

自分でコードを書いたりしつつ、リーダーとして人にコードを書いてもらうように采配をしたり、キャリアサポートやメンタリング等といったEMの業務をやってみたり。

あとはエンジニアの入退社ではどういうことが行われるのか経験したくて、情シスもやってみたりしましたね。

―EMも情シスもとは、また幅広いですね。受託開発会社でも、比較的やりたいことができる環境だったのですか?

比較的小規模で、組織づくりに理解のある会社だったからだと思います。

ただ小さい組織で、情シス+エンジニア+組織作りとさまざまな役割を頑張り続けていた中で、アンドパッドに入るタイミングで、より組織づくりに注力したくてコードを書くことから一度離れて、マネジメントに全振りをしてみようと決心しました。




アンドパッドでマネージャーとして組織課題に全力投球へ

―アンドパッドへ入社するきっかけは、紹介とお聞きしました。

はい、友人から紹介がきっかけです。面接官の人柄や、事業のミッション「幸せを築く人を、幸せに。」や、今のアンドパッドのフェーズなどが私のやりたかった方向性と一致していたのも大きかったですね。

アンドパッドでは家作りや建築に対して「幸せ作り」みたいな例えがされるのですが、僕はエンジニアもシステムを通して「幸せを築く人」だと思うんです。価値観が似ていると感じたことが、入社への大きな後押しになりました。

それに、アンドパッドが建築業界を幸せにするのであれば「アンドパッドを作るエンジニアも幸せでなければいけないよね」という思いがあり、このタイミングでEMをやれるのは最高だね!という気持ちで入社しました。

―これまで積み上げて考えてきたものが、アンドパッドと繋がったのですね!

タイミングは、自分でも神がかっていたなーと思います。HRの中野さんが友人をスカウトしてくれなかったらこの縁はなかったので! すごいスピード感で決まったうえに、これまで積み上げてきた「夢の続きが見られるね!」となりました。

―夢の続き、とは、またインパクトのある言葉(笑)。でも、それくらいの出来事だったのですね。ちなみに他の会社も検討されていたのですか?

4~5社ほど受けてはいたのですが、正直「う~ん……」という感じでした。

アンドパッドは、面接官の皆さんがとてもフラットで人柄も良い印象を受けました。マネジメントについても既に経験があり、価値観が近い領域まで達しているメンバーしかいない!といった印象も受けました。カジュアル面談が終わる頃には、「内定もらったら入社します!」ぐらいのことを言い切っていた記憶があります。ほかにも受けていたのに(笑)。

―人柄や経験値など「人の求心力」が一番大きかったのでしょうか?

それもありつつ、「人×事業」で考えたとき、会社が掲げているモノとその中で働いている人が繋がっている感じがしたのが良かったです。ハリボテな感じがなかったですね。ビジョナリーなところでハマったのは、断然アンドパッドでした。


変化と学びだらけの毎日

―入社してみて、想像とのギャップはありましたか?

入社前は、きっと体制もフォーマルで整っていると思っていたのですが、実際入ってみたら良い意味でカオスでしたね(笑)。整っていないけど頑張って工夫していて、入社したばかりの自分でも入っていけるところが多かったです。挑戦できる、好きなことができるという点においては、これ以上の環境はないと思いました。採用マネージャーをやること自体も、自分にとっては挑戦です。

同時に、アンドパッドへ入社してキャリアをマネジメントへ振り切った分、周りで頑張っているメンバーに対して、「足りていない部分について早く追いつかないと」といった緊張感を持つようになりました。

―毎日なにかしらの刺激がありそうですね! 入社して5カ月(※取材時)、日々の変化は感じられていますか?

変化しかしてないです(笑)。人がどんどん増えていくので、文化や人間関係の変化のスピードも速いんですよね。

それに、物事に対する理解度も、日々更新され、課題感も変わってきます。1カ月前はできないことでも、今ならできるんじゃない?といったことも多々あるんです。常に優先しなきゃいけないタスクや注力しなくてはならないもの、アンテナの範囲も変化し続けているんです。

こういった環境では、「ずっとアンテナを張って、コミュニケーションを取り続けなければならないんだろうな」と思うのですが、周りの方がいっぱいインプットしてくださるんです。そのおかげで私も何とか組織が置かれている状況を把握できている、という印象はあります。

―多方面で変化し続けているのですね。

でも、中だるみは起きない気がします。例えば「ここはもう仕組みで回るな」となったらできる人に任せて次!という感じで進むので、常に新しいことに対して取り組み続けているんです。

エンジニアやっていたころは、自分は保守的なタイプだと思っていたのですが、実際は新しいこと好きみたいです。退屈じゃないし、こういうの、嫌いじゃないって感じます。



将来は「組織づくりを極めたい」

―日々変化の中でさまざまな課題が生まれているとは思いますが、現時点取り組んでいる課題について教えてください。

今は「組織=その価値を生み出す根本」と感じているので、組織づくりを極めていきたいですね。多分これは、一生終わらないんだろうな感じています。

また今後、サービスの目標が業界のプラットフォームになることを考えると、システムの規模も組織の規模も大きくなっていくことが予想されます。

そんな中、アンドパッドで共に組織作りに関わっているさまざまメンバーがよく言っているのが「大企業病になりたくない」、つまり、意思決定のスピードをなるべく落としたくないという思いがあり、スピードや品質を落とさずにスケールアップすることが求められているんです。

意思決定のスピードをなるべく落とさずに、この会社で起きているスケールアップに対応しつつ、チームでいろいろなことを分担し進めていける体制を作ることが最大の課題となっています。

でも、コミュニケーションは人が増えるほど、相乗的にコミュニケーションパスが増えていきます。兼任の限界をチームワークで突破していくために、メンバーとどう相互理解し、どう情報交換し、どう担い合えるかを日々検討し、決めて、実行することが目下の課題ですね。

―組織づくりにおけるコミュニケーションとシステムで共通するところはありますか?

そうですね、どちらも形から入るだけでは大抵うまくかないものだと思っています。本当に大事なことは何か、というのを考え続けなければいけないと思います。

今までのマネジメント経験からは、ある程度具体的な指示出しをしないとうまく連携できない場面が多いという印象だったのですが、アンドパッドはそうでもないんですよね。

―コミュニケーションコストが、今までとは違うのですね。

そうなのです。みなさん優秀な方ばかりで、「ここは任せちゃいけないのかな?」と思ったら「逆に任せ切ってしまった方がよかった!」みたいな経験を繰り返しています。頼りになる人ばかりです。だからこそ、自分自身もどう担えられるかという部分を考え、勉強し、成長する必要性を感じています。

―これから入社したいと考えてる人にとっては、頼りにされるし、頼りにも出来る環境があるよ、ということですね。

はい、そうだと思います。同時にそういう人たちをいっぱい採用しなくては、という使命感もありますね。そういう仲間に入ってもらえるように頑張ります。

なにより自分自身がアンドパッドへ入社してから、新卒みたいな気持ちで働けているんですよね。37歳の自分にまだ伸びしろがある、成長の機会をいただけていることが、日々の頑張りの原動力に繋がっています。

―大人になってから伸びしろを感じることはなかなか貴重だと思います。

自分がそこそこ使い物になった頃には、社会的にも価値ある仕組みを提供できるレベルに達しているはずなんです。その頃にはアンドパッドにも何らかの新しい視座や活躍できるステージがあるんじゃないかと思っています。

―最後に、アンドパッドに合うのはどんな人物だと思いますか?

アンラーニングを楽しめて、カオスも楽しめる人。あとは正解が見えない中、みんながベストエフォートで必死にやっている中で、自分自身でも新しいところを切り開くメンバーとして一緒に頑張っていける、といったタイプの人だと思います。

あと、一度正解を見つけても、1カ月後には不正解になることも多いので、その繰り返しを楽しめる人がいいですね。レベル1でレベル10のモンスターを必死にちまちま殴り続けてるみたいな日々なので(笑)。

―めちゃくちゃ倒したときに手応えがありそうな日々ですね。

だからこそ、飽きがこない組織だと思います!

ーありがとうございました!


■HR中野による荒瀧さんワンポイント紹介
これまで個人のマンパワーで採用を進めていたのですが、荒瀧さんが加わってから、どんな状況でも「チームとして」採用に取り組めるようになったのは大きな変化です。また、急な方向転換や急ぎの差し込み業務などが多くあり超多忙な毎日ですが、いつも穏やかで人に寄り添い、業務遂行をされる荒瀧さんは本当に頼りになる存在です!


開発チームのメンバーは、Tech Blogを更新しています!ぜひご覧ください!


株式会社アンドパッド's job postings
7 Likes
7 Likes

Weekly ranking

Show other rankings