1
/
5
This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

サバイバル精神旺盛なAndroidエンジニアに聞いた、and factoryらしさとは


and factoryには様々なバックグラウンドを持ったエンジニアがいます。
今回は、組み込みからAndroidエンジニアに転身したIoT事業部の太田に、これまでの経歴やand factoryに入社した理由、入社後どのような環境で働いているのかをインタビューしました。

太田 祐樹 (おおた ゆうき)プロフィール
高専卒。組み込みからモバイルアプリエンジニアに転身し、2020年にand factoryへ入社。「tabii」のAndroidアプリ開発に従事。趣味は料理と、マンガを読むのが好き。


モバイルアプリエンジニアになるまでの道のり

情報系の高専に通っていた当時、就職活動についてよく分かっていませんでした。興味がある企業1社だけ受けたのですがその企業とはご縁はなく、どうしようと思い、学校に来ている求人から探し、医療機器の商社に就職しました。そこではサービスエンジニアとして、機械のメンテナンス業務をしていました。1年半ほど働いた後、元々はITエンジニアになりたかったのでキャリアを積むために転職し、SIerとして働き始めました。
入社後、自分が派遣された案件は自動車関連でエクセルを用いて検証する業務が多く、コードを書く機会は少なかったです。別の案件でJavaやJavaScriptでコードを書く機会はありましたが、それもほんの少しだけでした。そのため独学で勉強したり、同じ会社の人に話を聞いたりして知識を付けていきました。システム開発の知識や経験がある方が、同じ会社にいるという環境に身を置けたのは良かったですね。

更に経験を積みたいと思い転職を決意し、3社目は上京して東京の会社に入社しました。上京したのは東京の方が勉強会が盛んに行われていたりと、よりスキルアップできる環境だと思ったからです。
そこでは、toBの自社サービスのAndroidアプリ開発を担当しました。入社時はAndroidアプリ開発はほぼ経験がなかったのですが、メイン担当が自分一人だけで、何とかしないといけない状況でした。既存サービスのメンテナンスでしたので何かしら情報を探して、そこから読み取り、最初は見よう見まねで開発していましたね。
今までの人生の中で何もない、誰にも聞けない環境で、自分で何とかしないといけないシチュエーションを何回か経験しているので、このような状況には適性がありました。エンジニアは、サバイバル力が必要と言われることもありますが、今までの人生経験の中でサバイバル力は身につけられてきた方かなと思っています。


and factoryに入社した理由

and factoryを知ったのは、KotlinFest2019のスポンサー欄で名前を見たのがきっかけです。それから個人的に調べたりしていました。その後、転職活動をしていた時にand factoryからスカウトメッセージをいただき、お話を聞きに行きました。
この時の転職活動では、「自社サービス」「Androidアプリ開発ができる」「エンジニア同士でスキルを高められる環境か」「会社生活を楽しく過ごせるか」のポイントを重視していました。

面接で、他の会社では聞かれなかったAndroidアプリ開発の踏み込んだ質問をされたり、モバイルアプリ開発者が多く在籍しているとお聞きし、技術の高さや社内で学べることの多さに期待できそうだなと感じました。また、会社としてカンファレンスなどに積極的にスポンサーしているのも、エンジニアへの理解があるのが伝わり、魅力に感じました。
選考中に社内イベントにも参加させていただいたのですが、会社の雰囲気をより知ることができ、この会社に入社したら会社生活を楽しく過ごせそうと思えました。and factoryの選考を受けていく中で、毎回自分の中での「素敵だな〜」感が高まっていきましたね。自分が転職で求めていることが全て揃っていたので、and factoryに入社を決めました。


「会社生活を楽しく過ごせている」と感じる働く環境について

tabii(タビー)
客室設置型エンターテイメント配信タブレットサービスです。宿泊施設の館内案内、周辺の観光地、おすすめレストランなどの宿泊期間に役立つ情報、音楽や演芸などの動画が無料でお楽しみいただけるサービスです。また、宿泊者からの質問にチャットbotが応える機能も併せ持つなど導入施設にとっても業務削減となります。

入社後は、tabiiのAndroidアプリ開発メイン担当で参画しています。ちょうどアプリのリニューアルのタイミングがあり、設計レベルで担当させてもらいました。ここ数年で学んだことを活かせる機会ができたので、やりがいを感じました。また、tabiiの開発ではMDM(MobileDeviceManagement)があるのは特徴的で、貴重な経験が出来ています。

ビジネスプロデューサーの方々が施設様から聞いた利用者の声を共有してくれるため、利用者の反応は知りやすく、機能追加・改善の際に反映できています。エンジニア、デザイナー、ビジネスプロデューサー全員の定例の場でも、エンジニア側からも提案でき、チームとして良い環境ですね。また、オンラインでのコミュニケーションが多くなっているため、仕事の話以外の会話もしながらコミュニケーションが取れているのもチームとして良い雰囲気だなと思います。
自分より技術力が高いエンジニアメンバーもたくさんいるので、社内で学べることが多く、転職の際に求めていた環境で働けています。会社生活を楽しく過ごせているので、and factoryは自分にとって良い環境です。


最後にand factoryに興味持ってる方にメッセージ

自分より後に入社された方から「こんなに社員同士の仲が良い会社は初めて」という声があったのですが、自分もそう思っており、社員同士のコミュニケーションが活発な会社です。自分が社内でにぎやかにやるタイプなので、一緒に楽しみ、楽しませてくれる方と会社生活を楽しく過ごせたらなと思っています。自分よりにぎやかな方が来たら少しびっくりしますが(笑)。
開発としては、一緒に能力、知識を磨き高めていける方と仕事ができると嬉しいです!

and factory株式会社's job postings
11 Likes
11 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more