This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

絶妙なバランス感覚で上場へ導いた公認会計士の「ボランチ型」経営管理論とは?

これまでのand factoryの急成長を支える上で、事業部だけでなく管理部門の優秀なメンバーを忘れてはいけません。前回から管理部門メンバーを取り上げさせていただいていますが、第2回である今回はマザーズ上場を実現する上で、非常に重要な役割を担った一人である執行役員の岡田に話を聞いてみました。

岡田 亮 (おかだ りょう)
大学卒業後、公認会計士を志して資格取得した後、大手監査法人トーマツに入所。1年目から積極的に監査経験を積む。特にIPOをメインに行っているチームで、複数のIPO案件に関わり、インチャージも経験。監査法人での約5年における経験を事業会社で活かすべく、and factoryに入社。上場準備、事業計画や予算、経理の管理とともに法務、IRなど横断的な業務を担っている。


何をしたら良いか分からなかった就活

実は大学時代、自分は何をしたらいいのか全くイメージがありませんでした。振り返るとひたすらサッカーしかしていなかったですね(苦笑)。とはいえ大学卒業が近づいてくると焦りを感じ、なんとなく就活を始めることになります。いくつかの企業で説明会を受けてみた中で、将来の自分の姿が想像できなかったんです。これではマズイと色々考えるうちに唯一面白いと思えることが会計だと気付きました。在学中に簿記資格を取るなど経営や数字には興味が強かったのですが、これを生かせるのはどこか改めて調べてみたところ、会計士や税理士という資格があることに気づきました。

どちらかというと将来の広がりという面で会計士の方が選べる選択肢が多そうだと考えました。そこで「新卒」という看板を捨てて、会計士資格合格のため勉強をしました。とにかく必死に勉強したところ実質2年半ほどで資格合格することができて、前職の監査法人に入所することになります。(サッカーは週1でやってましたけどね笑。)


スタートアップ・ベンチャーへのこだわり

まず監査法人ではとにかくたくさんの経験を積むと決めていました。いずれはスタートアップ・ベンチャーの経営に関わっていきたいという欲があったんですね。なのでとにかく経験を積むことを目標にして数多くの案件を経験出来るように動きました。考えが伝わったのか、1年目から多くの監査に携わらせてもらえました。僕が所属していた部署は特にIPO案件に強い部署で、上場目前のベンチャーやスタートアップ企業と上場準備から携わる場面が多く関わらせていただくことができましたね。

もう少し細かいお話をすると、当時の自分が設定したゴールは「担当した企業を上場させる」こと。チームの主軸として上場のサポートを出来れば全容を見ることが出来ると考えていたのですが、結果としてIPOは2件経験することができました。1件は準備段階から上場までを、もう1社については1部への鞍替えまで経験させていただけたんですね。これは本当に貴重な経験でした。こうして実績を作れたことで自信を得ると同時に、次の段階に進むべく事業会社への転職に向けて動き出します。




and factoryとの出会い

監査法人時代のクライアントや、その他に数多くのお話をいただいたのですが、実際には海外のVC(ベンチャー・キャピタル)とand factoryだけお会いする形になりました。当初は良い経験になるのではと考えたVCですが、そもそもの目標は「スタートアップ・ベンチャーの経営に直接関わること」だと、改めて思い返した際にand factoryと出会ったわけです。話を聞くと当時は全てが成長途上で、可能性というところで見るしかない。ただ逆を返せば伸び代がたくさんある企業だと思ったんですね。もう一つは面接してくれた水谷・梅谷の人柄が抜群に良かったことですね。

それまで数多くの企業を見てきた中で、上場したいと動いている企業全てが実際に上場まで結びつくわけではありませんでした。タイミングもありますし、企業として相当な努力も必要となってきます。なので、もしダメだったらそれはそれだなと思い、自分の直感でここなら覚悟出来る!と思える人たち・環境に飛び込もうと考えました。


担当業務は「数字に関わる所全て」

入社後から、大きく分けて3つの役割を担っています。1つは事業計画や予算の管理。同時に数字を扱う意味で経理の管理も行なっています。会社の事業計画、日から月次、クォーター、半期などの数値管理は全てやっていますね。次にIR業務。上場企業として投資家の方々ともお付き合いさせて頂く上で適切な情報をお届けする必要がありますが、その辺りのやり取りに合わせて会社の戦略の組み立てにも関わっています。そして最後に事業として行なっている投資のところにも一部関わっています。

引き続きand factoryの成長を最重要ミッションとして進めていきますが、ザ・管理部という仕事はしたくないと考えています。事業計画など数字目線を入れつつ、僕も事業部サイドと一緒になって会社を作っていけたらと考えています。今年の9月にはマザーズ上場させて頂きましたが、今後も会社としてさらなるステップアップを考え、もっともっとチャレンジしていきたいですね。



これからについて

管理体制をさらに強化することがやはり命題だと考えています。ただし、これは一方通行ではなく事業部をはじめとした全社目線でバランスをとりながら、みなさんにとって良い形を追求していきたいと思っています。管理部門が先導しながらも、現場目線や声を大事にすることで現場で頑張ってくれてる人たちをさらにサポート出来る体制を作っていきたいと思います。

監査法人時代から多くの企業を見てきた中で、成長する企業の共通点として「企業としての文化が統一されている」と感じることが多くありました。その点、and factoryはこれまで見た企業の中でも抜群に統一されていて、みんなが会社のことを考えているカルチャーは大事にしていきたいですね。そのために僕は何が出来るのか、日々チャレンジ出来たらと思っています。そして、新たに執行役員という立場になったことをきっかけに、さらに会社が大きくなっていっても途切れないように伝え続けていかなくてはならないと感じています。

良い仲間と良い経験を積んで行きたいという方、これから新たに作って行きたい、チャレンジし続けたいと考えている方にとっては、とても良い環境だと思います。そんな風に考えている方に来ていただけたら嬉しいですね。よろしくお願いします!

andfactory株式会社's job postings
20 Likes
20 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more