This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

何事も受け止め、ポジティブに変換してしまう"低反発法務"に聞いた、「想定外」の楽しみ方。

and factoryは、Smartphone APP DivisionとIoT Divisionの大きな成長によって拡大してきました。会社の成長を牽引しているのは事業部の功績が大きいことは言うまでもありませんが、一方で会社を根幹から支える管理部門の優秀なメンバーも忘れてはいけません。そんな管理部門のメンバーにフォーカスをあててご紹介したいと思っています。第一回は、様々な変化を全て前向きに受け止めてポジティブに変換する仕事ぶりが社内でも信頼されている法務の板倉に話を聞いてみました。

板倉 侑輝(いたくら ゆうき)
関西の大学を卒業後、大手SIerに新卒で入社。経営企画に配属され、4年の実績を積んだのちに自らの強みを作るべく法務に異動。3年半の実務経験をした後、ゼロイチのチャレンジしたいと考え、2018年and factory入社。専任法務としてand factoryの事業成長を支えている。


エンジニア志望ではじめた就活

実は就活時にはエンジニアを志していたんです。文系専攻だったものの、大学時に所属していたダンスサークルで作り上げる面白さを知ったので「作る」をキーワードに考えたところ、エンジニアに辿り着きました。そこで入社したのが前職の大手SIerだったんです。入社後に新人研修を終えて、やっと現場配属というところで伝えられたのは「コーポレート部門・経営企画」への配属。同時に出身である大阪に勤務したいとも伝えていたのですが、本社勤務とどちらも叶わなかったんです(笑)。

大学では経済学を学んでおり、ゆくゆく経営に関わることが出来たらと考えていたこともあり、切り替えて楽しんでみようと考えました。でもいざスタートしてみたら・・・何も出来なかったんですね。今考えれば複数あった事業部が何をしているか、全く理解せずにスタートしたので当然なのですが(苦笑)。
まずはとにかく事業部に聞いて回りましたね。どうにか分からないなりにかき集めた情報を元に上司に報告するのですが、今度は更に考えられる課題を出せ、と。やっとの思いで集めてきたのにさらに!と当時は辛かったですね(笑)。でもその時に現場とコミュニケーションをとる癖がついたこと、また思考力も現在に活きていると感じています。

「専門性」を持つことの大事さ

ある程度業務に慣れてきた頃、もっとコンパクトな組織でチャレンジしたいと転職を試みたことがあるんです。ただ、当時会ったエージェントの方に「まだ若いし、専門性が薄いので何か強みを身につけてからでも遅くない」とアドバイスをもらったんですね。これは目からウロコで、改めて自分を見つめなおしたところ、経営の根幹である「数字面」により強くなる必要があると考えました。
大学時代に簿記を取得したりと興味はあったので、「経理」へ異動願いを出したんですが・・・配属されたのはまさかの「法務」。当時は小難しい契約書を読むのが一番苦手で、新卒に続いて希望と違ったところに配属され、とても困惑しました(笑)。

と、ここでも自分の性格が活きるのですが、法務は経営に限らずどこでも絶対必要なのだからと切り替え、まずはとことんやってみようと考えました。色々な資料や文献を調べてみたのですが、調べるほど面白みを感じ始めたんです。法務はルールや事例をたくさん知り、引き出しが多くなるほど強くなれる。知識を得る毎に自分が活きる場面が増えることに気づいたんですね。そこからはできる限りの知見を得ることに注力しました。


改めてゼロイチを求めて、転職

法務に移って3年半ほど経って自分の中でも「強み」と言えるものが出来たので改めて転職を考えました。前職は7,000名規模で事業部と遠かったため手触り感を求めてベンチャーを中心に転職活動をし、出会ったのがand factoryです。たまたま執行役員の石田と共通の知り合いがいて紹介されたことがキッカケでした。それまでにいくつかお会いしていた企業はあったのですが、and factoryの話は自分で想像できないことが多くて、とてもワクワクしたんです。もうここだな!と入社を決めました。
実際に入ってみたら関わる領域が非常に大きくて想像以上のやりがいを感じています。よく「裁量が大きい」と謳っているところも多いですが、ここまで大きいものかと入社当初は毎日驚きでした。もちろん裁量が大きいこと=責任が大きいのですが、その分自分の価値を作りやすいですね。一方でより良くするためゼロから新たに作りたいことも出てきました。


法務としての挑戦

新卒時代に培った習慣でもあるのですが、積極的に事業部とコミュニケーションをとることを心がけていますね。企業が成長し続けるため、事業部には安心してアクセルを踏み続けてもらえるよう環境を整える必要があります。とはいえ会社を守るため絶対引いてはいけない部分も出てくるのですが、ここからが僕の腕の見せどころ。もしダメでも他のアプローチによって打開出来るのではないか常に考えています。「ダメ」と判断して終わらせることは簡単ですが、どうすれば良い結果に繋がるのかを考え、事業部と一緒にチャレンジする法務であり続けたいですね。

前職は規模も大きかったため分業体制でしたが、今は法務だけでなく手を挙げれば何でも携わることができる。法務のスペシャリストだけではなく、会計や人事や労務などの幅広い知見を持った人材になりたいと考えている自分には本当に良い環境だと感じています。


and factoryに興味を持ってくれた方に向けてメッセージ

改めて振り返ってみると、僕のキャリアは想定外の連続によって成り立っていると感じています。性格もあるのですが、自分の頭の中で描ける以上のことが目の前で起こると刺激的でワクワク感に繋がるんですよね。and factoryはみんな前向きでチャレンジし続ける人たちばかりなので、想像以上の出来事を日々感じることができます。そんな楽しみを共有できる仲間が増えてくれたら、これまで以上に想像をはるかに超える大きな素敵なことが起こせると思っているので、そんな方ぜひお待ちしています!

andfactory株式会社's job postings
16 Likes
16 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more