This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

寡黙なAndroidエンジニアに話を聞いてみたら、チャレンジ精神に溢れて胸アツだった話。

福利厚生として外部勉強会への参加も支援しているand factory。中でもSmartphone APP Divisionに所属するAndroidエンジニアの中村はDroidKaigi運営の参加を始め、自発的に積極的な活動を行っています。寡黙で冷静な印象のある中村に話を聞いたところ、とても熱い想いを語ってくれました。

中村 実(なかむら みのる)
SIerからキャリアスタート。Javaでサーバーサイド開発を経験後、Android開発に興味を持って転職。AndroidとiOS、サーバーサイドの開発を経験後、自社サービスに関わりたいと考え2016年5月にand factory入社。マンガUP!の立ち上げにも関わる。現在は新規プロジェクトの開発を担当している。


エンジニアとしてのキャリア


キャリアスタートはSIerからです。60名ほどの企業でしたが、会社の人にはほとんど会わず顧客先に常駐していました。当時Javaを使ってサーバーサイドを担当していましたが、6年勤務してAndroid開発に興味を持って転職をしました。ただ、入ってみたら実際にはサーバーサイドのみ。それでは何も変わらず意味がなかったためすぐ前職に移り、3年ほどAndroidとiOSとサーバーサイドをやっていました。

これまでが全て受託だったので、自社サービスに関わりたいと考えて転職活動を開始します。多くの方が複数社受けてより良い企業を決めるかと思うのですが、私は転職軸に合うと思った企業1社のみとお話して決めます。この時もand factoryだけ。出会いのきっかけは求人媒体経由で来たスカウトメールでした。


熱さは刺さらない。でも・・・

面接では私の経歴についてだけでなく当時作っていたアプリのことも細かく聞いてくれた一方で、取締役の青木はand factoryの今後について熱く話してくれました。当時まだマンガアプリはやっていませんでしたが、先の構想を多く話してくれて本当に熱い人だと思いました。ただし、青木の熱さと面接時間も長くなったこともあって少し疲れたことを覚えています(笑)。

当時は原宿にオフィスがあったのですが、今と比べて小さなオフィスに色んな役割を持った人が所属していたので、今以上にベンチャー感を強く感じました。先ほど青木の熱さに少し疲れたと言いましたが、補足をすると私自身は熱量で大きく動くわけではありませんが、一方でベンチャー企業の経営層はひたすら熱くあってほしいとも思っていて、and factoryは理想的な企業だと思いました。同時に話す中で事業を作る上での逞しさも感じていて、一緒に成長出来る環境だと思ったのでand factoryに決めました。



やるならとことん、最高なものを追求する


入社当初は攻略アプリ、その後マンガUP!、今はまた別のプロジェクトに関わっています。正直なところプロダクトに対する愛は他の人と比べると少し薄いかもしれません。どちらかと言えば幅広い経験を得るためにもローテーションで関わる環境が変わった方が良いと思っているタイプです。ただ、関わっているからには誰よりも良いプロダクトを作りたいと考えています。

and factoryではプロデューサーを筆頭に小さなチームを作ってプロダクトを進めていきます。柔軟で個々の裁量が大きな環境で全員が良いサービスを作ろうとしていますが、現状に満足せず改善を重ねていくと、今よりもっと良いプロダクトを作ることが出来るはず。そう思うがあまり自分でも少し言い過ぎかなと思うぐらい口を出してしまう時もあります(苦笑)。言い方については改善の余地がありそうですが、「より良いプロダクトを作るため」に積極的に発信し合っていけたらと考えています。


学びを続けるエンジニアでありたい


私自身、流れるように過ぎる技術やトレンドの変化に取り残されないよう、学び続けるエンジニアでありたいと思っています。学ばなくなったらエンジニアとして終わりだと考えているので、これからも積極的に色々な知識を取り入れて成長を続けていきたいです。

そして今新たにチャレンジしたいことがあります。DroidKaigiの運営に参加し始めたきっかけにも繋がるのですが、アウトプットの伴わないインプットはあまり効率が良くないと感じていて、今後はイベント登壇など発信出来るエンジニアになれたらと思っています。元々は人前に出て話すことも得意ではないのですが、やらなければ何も変わらないので一歩ずつ踏み出していくつもりです。


新しく入ってくる人へのメッセージ


お昼代の要らないランチサポートや書籍購入、日中でも勉強会に参加出来るなどと環境が充実しています。エンジニアでもビジネスに深く関与して作ることも可能ですし、技術を追求することもできる。本当に裁量は大きな環境です。人一倍こだわりが強い人も多いですが、周りに忖度することなく自身の想いを発信してくれる方に来てもらえたら、より一層良くなるのではないかと思っています。前向きな失敗なら誰も咎めないので、ぜひチャレンジしにきてください。

・・・あと個人的には自作キーボードを作ってるような人に来てもらえたら嬉しいですね。技術でも何でも良いのですが、追求することが好きな人が来てくれたらより一層楽しくなりそうだなと思います。

■お知らせ

9月26日(水)19:30から「and factory Beer Bash #3」開催します!

毎回様々なテーマを立てて行なう「and factory Beer Bash」。
今回「Androidエンジニア向け、Firebase新機能を使ったハンズオン」を行います!

また、新たに特別ゲストスピーカーとして・・・
Firebaseエバンジェリストの村本氏に参加いただけることになりました!
https://twitter.com/1amageek


Firebaseが持つたくさんの可能性を、弊社のAndroidエンジニアとともに、
みんなで試してさらに知っていきましょう!是非ともご参加ください!

詳細は▶︎▶︎こちら◀︎◀︎からご覧いただけます!!

andfactory株式会社's job postings
21 Likes
21 Likes

Weekly ranking

Show other rankings