1
/
5

データサイエンスの先駆者?!バイオインフォマティクスの学び方

こんにちは、営業事務の山本です!

この春に、研修を受けたり、研修を担当されている方も多いのではないでしょうか?
一般的に企業研修は、OJT、OFF-JT、自己啓発の3本柱と言われています。
OJTとは日常の業務を通して行う教育訓練(On The Job Training)、OFF-JTとは仕事を離れて行う教育訓練(Off The Job Training)のことです。

先日、OFF-JTとして、外部講師をお招きし「PythonによるWebアプリケーション開発」というテーマで技術研修を開催しました。Pythonはデータ解析やAIの分野で広く使われているプログラミング言語です。

今回は研修の模様をご紹介します!

充実のOJTでバイオインフォマティクスを修得!

アメリエフでは、研究経験やプログラミング経験の有無に関わらず、様々な背景とスキルセットを持ったエンジニアが活躍しています。

入社後は、先輩社員からOJTとして3ヶ月間みっちりバイオやプログラミングスキルを学びますので、未経験の方でも安心して成長することができます。

(手前みそですが・・・、トレーニングサービスも提供している弊社の技術研修は、短期間でエンジニアが育つ濃厚な内容です!)

ちなみに、お昼休みには、農学、臨床検査学、宇宙物理学など、各々の研究テーマの話で盛り上がります。

社員の要望から実現したOFF-JT

アメリエフでは、受講の意欲があるテーマについて社員が研修の希望を出すことができ、必要性が認められれば社外の研修を受けることができます。
入社直後に限らず、日進月歩で生まれ変わっていく技術をキャッチアップする機会が設けられているのです。

今回の研修も、エンジニアからの希望で開催が決定しました!研修の企画もエンジニア自身が行いました。トレーニングの委託先やカリキュラムの内容を決める過程で、受講者自身の技術レベルと受講の目的が明確になり、研修の効果を高めることができます。

カスタムカリキュラムで即効性の高い内容

研修は、2日間かけて行われました。受講者からは、「研修内容に加え、今直面している問題を相談させてもらったり、資料にないことも教えてもらえたので、eラーニングなどでは得られない満足感があった。」との感想があり、充実した研修になったようです。

研修を受けられなかった別の社員からは「自分が受講できなかったことが悔しい・・・」とのコメントも出ており、エンジニアたちの技術習得への意欲を感じました!

また面白い研修がありましたら、レポートしたいと思います!

アメリエフ株式会社's job postings
5 Likes
5 Likes

Weekly ranking

Show other rankings