Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

インターンを経て新入社員に!GRApPのこれからを作っていく期待のホープ!GRApP社員インタビュー#8 社員・大中勇人

前回の更新から少し時間が経ってしまいましたが、、、今回は4月からGRApPに新しくジョインした新入社員の大中勇人さんにお話しを聞いていきたいと思います!

---自己紹介をお願いします。

大中勇人(おおなかはやと)です。京都の向町出身です。


---学生時代はどんなことをしていましたか?

小学校5年生の頃からずっと長距離専門で陸上をやっていました。小学校のときに地区大会に出場したのですが、その時に中学の陸上部の先生に目を付けられ(笑)、中学校でも陸上部に入りました。

中学3年のときに出場した大会では、京都府内で8位になりました。高校2年まで続けたんですが、喘息の症状がひどくなってしまい、諦めることになってしまったんですが。


---大学ではどんなことをしていましたか?

居酒屋のアルバイトと、野球サークルに明け暮れていましたね。野球サークルは、有志を集めて作りました。ゆるく楽しくやっていましたね。あとは旅行にたくさん行きました。


---就職活動ではどんな意識で会社を選んでいたんですか?

誰もが使っているエージェントを使って会社を調べたり、説明会にもたくさん行きました。これと言って希望業種ややりたいことはなかったので、説明会で話の面白い人の会社を中心に見ていましたね(笑)

新卒に向けて話の上手な人がいる会社って、やっぱり採用にものすごく力を入れていたりだとか、人材育成にもとても力を入れているんじゃないかなと思って。



--それは面白い観点ですね!就活が終わったあと、入社前にGRApPでインターンをされていたそうですが、きっかけは何だったのでしょう?

実は、就活では最初中古車販売の会社に内定をいただいていたんです。そして12月頃にその会社でインターンをしていました。車を売り買いする仕事だったんですが、最初はずっと洗車をしていましたね。インターン自体はとても楽しかったのですが、何か自分の中で「これでいいのかな」という思いが湧き上がってきて。思い切って再度就活をすることにしたんです。


---自分を見つめなおす機会になったんですね。新卒採用はほぼ終了していたと思いますし、一からやり直すのにはとても勇気が必要だったと思います。再スタートはどのような意識で進めていかれたんですか?

就活をやり直すにあたって、ホテル業界をもう一度見てみようと思ったんです。


---自動車業界から全く別の業界ですね!どうしてホテル業界に興味があったんですか?

もともと旅行が好きで、大学のときから1-2カ月に一度はドライブがてらいろんなところに旅行していました。西日本はほぼ行きましたね。10時間以上かけて九州まで行ったりしました。ただ、泊まるところに関しては贅沢できないので、車中泊をしたりゲストハウスにに泊まることも多くて。


---そこから宿泊業界に興味をお持ちになったんですね。

観光地として海外含めたくさんの人が来る京都に住んでいるし、実は京都の農家の方に知り合いが多くて、夏の期間は居酒屋のアルバイトとは別に畑の仕事を手伝ったりしていくうちに京野菜にも詳しくなって。京都でゲストハウスをしたら他とは差別化できるだろうなっていう想いもあったので、宿泊業界も見てみようと思うようになったんです。



---それからGRApPを知る機会ができたんですね!

そうですね。Wantedlyは最初の就活のときにはあまり使えていなかったんですが、再スタートのときにWantedlyで関西でゲストハウスや民泊をやってる会社を探しました。

その中でGRApPの会社に話を聞かせていただくことになったんですが、社長がとてもラフな格好でふらっと入ってきて。今までの就活では、カチッとスーツに身を包んでいる人たちとの面談が中心だったので、すごく衝撃を受けましたね。でも逆にすごく興味が湧きました。


---インターンはすぐに始められたんですか?

社長との面談のあと、少し時間が空いてしまったのですが、もう一度面接に来た時に半日だけインターンをさせていただいたんです。内容は、レベニューマネジメント、いわゆる宿泊料金の値決めです。

自由に考えさせていただき、なぜその値段設定にしたのかを説明する、というのを半日続けて、「じゃあ一度働いてみたら?」という社長の言葉に「はい!」と二つ返事をして入社が決まりました(笑)

エキサイティングな場所だな、と思いましたね。ちなみにクリスマスの日だったと思います(笑)


---思い切ったんですね!!

今まで安定志向で就活していた部分もあったので、まったく正反対の環境に身を置くことを選んだ自分にも驚きましたね。でも、やっぱりベンチャー企業だと、働くにあたってのスタート地点が違うなと思ったことも理由の一つになりました。

どんなこともまずは自分で考えて自分でやってみる、というスタイルが求められますし、少人数なので目をかけていただけるので、すごい成長できる環境だなと思いました。

あとはグローバルな環境なことにもすごく惹かれた部分です。


---入社までのインターンではどんなことをしましたか?

ちょうどインターンで入ったときに、京都のホテル開業プロジェクトが進んでいたので、京都の観光地情報やイベント情報、観光名所までの行き方などを調べてまとめたり、実際にホテルに行って納品をしたりなどすぐにいろんな仕事をさせていただきました。1月はほぼホテルにいて部屋作りのお手伝いなどさせていただきました。


---ベンチャー企業ならではのスピード感ですね!入社されて2カ月が経ちましたが、現在はどんな仕事をされているんでしょうか?

今は、インターンの時から関わらせていただいているホテルを担当しながら、他に15物件くらい担当しています。新たなホテル開業も2棟続いているので忙しくさせていただいています。マーケティング部と協力しながら適正価格での販売を考えたり、どうすれば売上が上がるのかを考えたりしています。


---大中さんからみたGRApPの雰囲気を教えてください。

とにかく何においてもスピードが速いです。みなさんの仕事のスピードもとにかく速い。やらなきゃいけないことが怒涛に流れてくるので、必死についていかないといけない環境は、自分にとってすごく成長の機会になることばかりでありがたいです。トライアンドエラーをどんどん繰り返していけるので、新人のうちからすごく責任感のある仕事ができます。


---GRApPでどんなことをやっていきたいですか?

開業ですね。仕組みも含め、一からホテルを開業させたいです。そのために今は与えられている仕事をひたすら頑張りたいです。


---ありがとうございました!これからもGRApPを担う中核としてどんどん成長してくださいね!

GRApPは、グローバルかつスピード感のある環境です。そんな環境で働いてみたい方はいつでもご連絡ください!

株式会社GRApP's job postings
Anonymous
Anonymous

Weekly ranking

Show other rankings

Page top icon