1
/
5

Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

人生は一度切り!“負けず嫌いな性格”と“リサーチ力”を強みに、プロフェッショナルの高みを求めて。

こんにちは!株式会社アイトリガー 採用担当です。
今回は、ストラテジックプランニング部 桜林 諒のインタビューをお送りいたします。

●プロフィール : 桜林 諒 / ストラテジックプランニング部
大学卒業後、小学校教員を経て、WEBマーケティング業界に転職。2020年5月、当社(※当時の社名は、(株)ネットフロンティア)に中途入社。現在ストラテジックプランニング部にてWEB広告の運用やクライアントへの改善提案を担当。

「どこに行っても通用する力を身につけたい」。元小学校教員という異色の経歴の持ち主が、WEBマーケティングの世界に飛び込むまで。

—–まずは現在の担当業務と、入社に至るまでの経緯を教えてください。

2020年5月に中途入社し、現在ストラテジックプランニング部にてWEB広告の運用を担当しながら、クライアントへの改善提案を行っています。成果達成に貢献できたことを数字という結果で実感できたときに、特にやりがいを感じながら業務に励んでいます。

実は、僕は大学卒業後、小学校教員として勤務していたんです。自分の裁量で業務に挑める教員の仕事にも魅力を感じていましたが、業務を続けるなかで「どこに行っても通用する力を身につけたい」と感じるようになり、自分のキャパシティを広げたいと考えたことをきっかけに転職を決意。WEBマーケティング業界での転職を経て、当社に入社しました。

——元小学校教員というめずらしい経歴を持ちながらWEBマーケティングに関わる業界を選択した決め手となったのは何だったのでしょうか。

さまざまな業界をリサーチするなかで、この業界の特徴である「自分で担当できる範囲が広く、スピード感が早く成長が見込める」点に惹かれました。また将来の展望として、ゆくゆくはマーケティング全般や事業戦略にも関わりたいとの想いが強く、「まずはWEBマーケティングからしっかり学びたい」と考えたことも理由の一つです。さらに、僕はいつか海外で働くことも選択肢に入れているため、この業界で身につけることのできる知識やスキルが、世界に通用する点にも魅力を感じました。

——当社(※当時の社名は株式会社ネットフロンティア)を選んだ理由やきっかけはどのようなものでしたか。

まず、何より「広告運用を行うなら当社がベスト」と感じたからです。実は、僕は入社前に当社のグループ会社である「株式会社NF-X」で開催された広告運用のオンライン新人研修プログラムに参加する機会があったんです。そこで前代表と話ができたこともあって、「この会社で運用に携われたら、スピード感を持って成長し、知識やスキルを身につけることができるのではないか」と、実体験として強く感じました。他社も転職候補として考えていましたが、研修を通じお客様との関わり方が具体的に見えたことが、入社の決め手となりました。

当社の印象は「人を大切にする組織」。メンバーの人柄の良さを日々感じながら、趣味のゲームで培った“リサーチ力”を業務に活用中。

——実際に入社してみて、当社の印象はどうですか。

やはり「人を大切にする会社だな」と感じています。日常的な、ふとした瞬間に雰囲気として感じることが多いのですが、本当にメンバーの人柄がすごく良いんですよ。入社した当時は、コロナ禍の真っ最中でリモートワークだったのですが、今は実際に顔を合わせて働いていることで、その空気感をより濃く感じます。会社というレベルで考えても、人を大切にすることに重きを置く文化があり、「人ありき」が根底にある組織だと感じます。

——入社して半年となりますが、桜林さんは自分の強みはどんなところにあると感じますか。またその強みは、業務を行う上でどう役立っていますか。

負けず嫌いなところ、そしてリサーチが得意なところかなと思います。

僕は昔からゲームが趣味で、特に好んでいるPvP(プレイヤー対プレイヤー)では、大会にも多数出場しており、例えばポケモンの大会ではベスト16に入ったこともあります。負けず嫌いな性格ということもあり、もっと強くなり、勝利するためにはトレンドを追うなどの入念なリサーチが必要になってくるのですが、ここで培った“リサーチ力”は、現在の業務に活かせていると思います。例えば、“リサーチ力”は、クライアントに提案するうえでどのような内容がベストか、競合分析を含めてリサーチする上で役立ちます。

また、業務を遂行するなかで困難に当たっても粘り強く取り組める点で、負けず嫌いな性格がプラスに働いています

リカバリーが全く効かないことは、案外ないもの。広告運用の知識の基盤を完璧にしながら、挑戦を怖れず成長を続けたい。

——異色な経歴をバックグラウンドに、趣味で培ったリサーチ力を活かしながら業務に励む桜林さんですが、今後はどのようなことにチャレンジしたいと考えていますか。

まずは、広告運用の知識の基盤を完璧にすることが直近の目標です。そして、業務を通じてマーケティング全般の知識をしっかりと習得しながら、将来的には自社やクライアントの事業戦略全般にも関われるように、成長していきたいと考えています。

——今後、どのような人材と一緒に働きたいと考えますか。異業種からの転職を考えている人へのメッセージとともにお願いします。

異業界からの転職経験者として、「転職はやりたい気持ちがあるときにやった方が良い」と実感しています。人生は一度切りなので、チャレンジすることが大切です。例えば、万が一失敗することがあっても、そのときはまた別のことに挑戦してみればいい。リカバリーが全く効かないことは、案外ないものだと思うし、もし壁に当たることがあっても、その経験も将来どこかで絶対に活用できると思っています。僕自身も仕事をするうえで、「根性があればなんとかなる」をモットーにして、いつも前向きに捉えるようにしています。

僕が今後一緒に働きたいと思うのは、自分と同じように負けず嫌いの人ですね(笑)。そして当社らしく人を大切にできる誠実な方と、これから一緒に働けることを楽しみにしています。

株式会社アイトリガー's job postings
13 Likes
13 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more