1
/
5

ウォレットパスを中心としたO2Oエンゲージメントサービス「KINCHAKU」と業務提携を開始〜「新しい旅行体験」の共創〜

宿泊・旅行業のDXを推進するaipass株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:辻 慎太郎、以下 アイパス)が、ウォレットパスを中心としたO2Oエンゲージメントサービスを提供する株式会社KINCHAKU(本社:福岡県福岡市、代表取締役:新宮ドミ、以下 KINCHAKU)と業務提携を開始いたしました。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000060.000053725.html

■ 提携の背景・目的

アイパスは、「Making experience better for everyone.」をミッションに掲げ、より良い体験をつくるために、あらゆるオフライン事業者の体験を支えるExperience System『aipass』の機能開発と普及に取り組むことで、宿泊・旅行事業者のDXを推進してまいりました。

そしてこの度、ウォレットパスを中心としたO2O(※)エンゲージメントサービスを提供するKINCHAKUとの業務提携を開始し、両社が持つアセットやノウハウを相互に組み合わせることで、旅行者にオンラインとオフラインの垣根を感じさせないシームレスでパーソナライズされた新しい宿泊・観光サービスを共に創造してまいります。

※O2O(マーケティング):Online to Offlineの略。オンラインで集客をおこない、オフライン(実店舗)へ誘導して購買を促す施策のこと。

株式会社KINCHAKU
https://www.kinchaku.com

■ 「KINCHAKU」との連携について

共同開発する機能

  • ウォレット:煩雑でアナログなチケットなどをスマートフォンのウォレットで管理できます
  • クーポン:予約・顧客データに基づく最適化されたクーポンを発行できます
  • ロイヤリティプログラム:顧客のデータ管理と分析などエンゲージメントを高めることができます

本連携では、『aipass』のアカウントを作成した旅行者に対してIDをQRコードとして割り振ることで、スマートフォン上で提供するウォレットアプリに追加(※)することが可能になります。そのことで、チェックイン受付はもちろんのこと、予約に紐づく朝食券・大浴場の入場券など、施設内外のあらゆる紙チケットの運用が1つのQRコードだけで完結します。

また、予約や顧客情報に基づいた、ひとりひとりに最適化されたクーポンを発行する機能や会員・ポイントカードなどのロイヤリティプログラムの充実を図ることで、宿泊事業者の新たな収益源の確保はもちろん、旅行者への付加価値向上を目指してまいります。

※iOSとAndroidの標準アプリであるApple WalletとGoogle Payにて追加が可能。

  • QRコード:株式会社デンソーウェーブの商標または登録商標です。
  • iOS:米国Ciscoのライセンスに基づき使用されています。
  • Android,Google Pay:Google LLCの商標です。
  • Apple, Apple Wallet:米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
  • aipass, Experience System:aipass株式会社の商標です。
  • KINCHAKU:株式会社KINCHAKUの商標です。
aipass株式会社's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
Invitation from aipass株式会社
If this story triggered your interest, have a chat with the team?