1
/
5

社員紹介③フィールドセールス部長

7月に新しくジョインした多田内さん(フィールドセールス部長)についてご紹介します!

今年41歳、どんなキャリアを歩まれてきたのか まずはそこから伺いました。

-------------------------

前職はどんなことをされてたんですか?

多:ITツール・システムやMEOを含む広告営業をしていました。その中でマネジメントも経験しましたよ。その後に飲食業界に飛び込み、営業の他 事業推進や人事を担当しました。企業規模的にも大手~中小まで経験してきましたね。

そうなんですね!IT業界だといろんな業界のお客様を担当されてきたんじゃないですか?

多:そうですね。でもYOLOの営業をやってみて思いますが、よりここの方が幅広い気がします。外国人向けのメディアが商材って特徴的で、新しく勉強できることばかりです。

多田内さんくらいのご経歴でも新しく勉強することがあるんですね。YOLOの話を少ししていただいてたので、ちょっとこの点詳しく聞きたいです。YOLOにジョインしてみてどうですか?

多:楽しいですね!「自分が売ったことがない商材」「いろんな業種の方と巡り合える」「外国人向けという特化した商材」営業に飽きが来ないですね。

私も前職営業でしたが、商材の魅力や担当顧客の幅広さってやりがいに直結しますよね。これまでいろんな業界・企業を複数経験されてきたとのことですが、商材や担当顧客以外にYOLOならではってことはありますか?

多:外資じゃないのに年齢・性別・国籍にとらわれないカルチャーがある会社はYOLOしかないと感じます。実際に働く人たちも部署の垣根を越えて、セクションフリーに会社をよくするためのコミュニケーションをとれる環境だと思いました。営業だけの視点にとらわれず、他部署の目線も身近にあるので会社の成長をよりリアルに感じられると思います。

外国人採用を提案するだけでなく、YOLOでは外国人が働くことが当たり前ですよね。私の後ろの席では特にですが、中国語と韓国語と英語が飛び交ってます(笑)

多:社内でもそうですが、YOLOの外観も印象的ですよね。近くに住んでいるんですが、新今宮駅周辺にこんなアーティスティックで国際性を感じる会社があることに驚きました(笑)

ほんとですよね!ではもう少し新入社員向けにお聞きしたいことがありまして、、今年5月に新しく立ち上がったフィールドセールス。多田内さんはどんな部署にしていきたいですか?

多:まずは全員がYOLOの商材を提案することに自信もっている状態を作りたいです。営業する上で商材に自信や誇りを持っている状態ってすごく大事だと思うんです。自分がいる会社や扱う商材を好きじゃないと営業としてネガティブになるんですよね。そういうときに味方になるのが会社や商材の魅力だと思うんです。だからベースとしてはここを大事にしたいです。

なるほど。今のメンバーがそういう状態だからこそこれからジョインいただく方にもそうあってほしいですね。

多:そうですね!入社理由にもなるんですが、社長が魅力的です。パワーとキャラクターは唯一無二ですよ。入社前に面接で事業計画についてしっかり話してくれて、今後の方向性に納得がいったんですよね。

わかります!私も面接のときに圧倒されました。

多:転職活動中に他社の面接も受けていたんですが、トップが出てきてそこまで詳しく説明してくれることがなかったですね。人と人との関わりを本当に大事にされてるなと感じました。

外国人や他の人を幸せにするために、まず自分たちが幸せでなければならない。と社長はよく言ってますよね。社員間でもそれがちゃんと根付いているように感じます。

長々とありがとうございました!最後にどんな方と一緒に働きたいですか?

多:ポジティブ!いろんなことに挑戦したい人!ですね。

YOLOではどんなことが挑戦できるんでしょうか?

多:まずは、これまで当たり前でなかった外国人採用をフックに日本を変えられること。社内でいえばキャリアチェンジを経験していろんな視点で事業をみるのも挑戦ですよね。そうやって会社を理解すれば、営業スキルにとどまらず人間力の成長につながると思います。

-------------------------

気になった方はぜひご応募を!お待ちしております。

株式会社YOLO JAPAN's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
Invitation from 株式会社YOLO JAPAN
If this story triggered your interest, have a chat with the team?