1
/
5

建築からシステム開発へ、フィールドを変化させ活躍するエンジニア

add moreの山内です。

今年の3月に中途社員として入社し、活躍してくれている小山さんにお話を伺いました。
今回はコロナウイルス感染拡大のため、完全リモートでのインタビューとなります。

山内:

転職に至った経緯と、その中でadd moreを選んだ理由について教えて下さい。

小山:

もともとものづくりが好きで、その中で家を作る道を歩もうかと思い、最初に入社した会社は戸建て住宅の建築設計事務所でした。しかし実際に家づくりに関わる中で、作って終わりではなく、実際に作ったものを使ってみて、その結果から更に作ったものを改善するというプロセスまで仕事にしたいと思うようになりました。

一回作ったものをアップデートできるという点で、IT業界でのものづくりに興味を抱くようになりIT業界に転職いたしました。

add moreに入社する前にも他のIT企業で働いていましたが、そこでは開発者とお客様の距離が遠いように感じ、もっとお客様と近い距離で作ったもののフィードバックを受けながらより良いものを作りたいと思うようになりました。

転職活動の中でadd moreと出会い、面接を通してadd moreであれば自分が求める働き方が実現できると思い、add moreに転職することを決めました。

山内:

よく、システム開発は家を建てることに例えられるように建築の設計とシステム設計は共通点が多そうですね。
入社前の面談の中でも、お客様と近い距離でというお話を聞いていたので、add moreの環境はとてもマッチすると思い是非入社してほしいなと思いました。
実際に入社してみてどうでしょうか?

小山:

ちょうど最近、自分も開発を行いつつお客さまとの打ち合わせに参加した案件の納品が終わりました。最初から最後まで関わらせていただきましたが、add moreの社員のお客様視点で考え、誠実に仕事をしている姿勢が印象的でした。
自分も早くそのような仕事の仕方を身に着けられるよう日々精進したいと思っています。

また社内のディレクター、デザイナーとの距離も近く、コミュニケーションもスムーズに行い開発ができる環境だなと感じています。チャット上での社員同士の会話の節々に皆さんの人柄の良さが伺え、一緒に働けて嬉しく思っています。

入社して驚いたことは、会社内の情報が鮮明に可視化されていることです。
会社内のルールであったり各案件の状況だったり、各々の売上実績だったりが誰でも簡単に閲覧できるように可視化されていて、社員に対してとても透明性の高い会社だなと感じています。


山内:

ありがとうございます。少数の会社ですが、チームを跨いでスピード感のあるコミュニケーションができるのがadd moreの強みですね。
add moreの環境が向いている人はどのような人だと思いますか?

小山:

相手のことを思って仕事を進められる人だと思います。

自分はエンジニアですが、開発をするなかでも言われたものを作るのではなく、実際にお客様がそれを使う事を考えた際に起こりうることを想定し、それに対して真摯に対応を行うことが求められることだと思います。上司を始め他の社員が誠実に仕事をして信頼を積み重ねている姿を見て、自分ももっと見習わなければと思っています。

また、売上実績が可視化されていると言いましたが、価値の提供を意識しやすい環境なので価値の提供を強く意識できる人が向いていると思います。自分もまだまだ至らない点もありますが、自分ができること、自分が生み出せる価値は何かという点は常に意識をして仕事をするよう心がけています。

山内:

良くも悪くも、単純作業のような業務があまりないので言われた作業だけをやりますという人にはあわないかもしれませんね。

とても抽象的で解決方法が定まっていない業務を色々とお願いしてしまっているのですが、小山さんから上がってくる報告や改善策、資料など的を射た内容で、いつも丁寧に相手のことを考えてくれていると感心しています。

売上実績などはちょっと営業職っぽい色が出てしまうので技術職を希望される方には敬遠する人もいるかなと心配だったのですが、それほど抵抗感がなかったようで安心しました。

休日とかはどのようにすごしていますか?

小山:

アウトドアが好きなので、夏はキャンプ、冬はスキーをしたりして過ごしています。
平日は終日部屋にこもってパソコンを触っているので、休日は自然を求めてしまいます笑


山内:

良いですね!コロナ禍が収束してきたら私も外に行くようにしようと思います。
他には最近はまっていることとかありますか?

小山:

アニメ「キングダム」にハマっています。
漫画もすでに読んでいて内容は知っていますが、最近熱い回なのでアニメでも何回も見てしまいます。

山内:

今はPrime Videoなど色々な動画サービスがあって便利ですよね。
3歳の息子がウルトラマン以外を観させてくれないのですが、息子の感触が良ければ私も観てみようと思います。

リモートワーク中心になってから入社頂いたので直接顔を合わせる機会がそれほど多くないのですが、難解な仕事にも取り組んでもらって助かっています。

引き続き、よろしくお願いします。
本日はありがとうございました。

小山:

こちらこそ、ありがとうございました。

株式会社add more's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more