1
/
5

「PRの力で新しい金融教育の市場を日本に創る」〜広報マネージャーが描くABCashのブランディング

関根 聖恵

株式会社ABCash Technologies   MARKETING DIVISION 
広報 マネージャー

PR代理店にてPRコンサルタントとして従事したのち、PwC コンサルティング合同会社に転職。その後、Forbes JAPANにて企画営業・新規事業に従事。
2021年4月より株式会社ABCash Technologiesに入社。企業広報とサービス広報のマネージャーとして広報戦略・実行までを担当している。



ーこれまでのお仕事経歴からおしえてください。

社会人としてのはじめてのキャリアは、PR会社でPRコンサルタントからスタートして、コンサル会社、Forbesと経験しました。

Forbesでは、大企業やスタートアップの課題に対してソリューションを提案したり、新規事業を担当しました。その後、事業会社での事業企画・組織開発・広報戦略を経て、今年の4月からABCashの広報を担当しています。


ーABCashに入社を決めた理由を教えてください。

「PRの力で新しい金融教育の市場を日本に創る」という大きなチャレンジができる環境に一番惹かれて入社しました。

様々な商材やサービスをPRしてきたのですが、一番大事な事はサービスに対して愛や共感がもてるかどうか。自分事化して自分の言葉で伝えていきたい会社かどうか?という所を考え抜いた時に、ABCashだと感じました。


ー具体的な業務内容を教えてください。

具体的には、「ABCash」というプロダクトは、世の中の動きに合わせた時にどんな切り取り方ができるのか?ということを考えて施策に落としています。

情報価値を見つけ出しながらプレスリリースを作成し、適切なメディアへのリレーションを構築して取材対応を行う事や、記事作成などがメインになります。
他には、金融教育は我々だけで解決できるものではないので、産学官で連携していくため、PRとしてどんな事ができるかを企画・提案・実行しています。



ー大変なことはなんですか?

広報を担当されている方みなさんそうだと思いますが、メディアの露出に関しては放送されるまで確約はなしで、放送当日の直前まで胃が痛い時があります。笑

会社としてできることを洗い出して、どんなに最善をつくしたとしても、その日のニュースの優先順位、社会の状況によっては放送されない事も多々あり不確実性の高い仕事です。そういった状況の中で、様々なステークホルダーを巻き込み、最善の協力をしてもらう事に対して、最初は自分の中でハードルがあったかと思います。
ただ、広報は一人だと何もできないので、協力してもらい巻き込んで行くことの重要性をとても感じています。


ーABCashの広報は、どんな人が向いていますか?

ABCashの広報は攻めのフェーズなので、常に社内外にアンテナを張り、自らニュースをつくりにいくことが求められます。なので、クリエイティブな仕事をしたい人は向いていると思います。

誰も思いつかないような秀逸なアイデアを出すことが求められているのではなく(もちろんそちらも大歓迎です!)0を1にしていく力が必要なので、どんどん企画作りをしたい人は面白い仕事ができると思います。


ー今後取り組みたいこと、挑戦したいことは?

メディアコミュニケーションを中心に考える狭義の広報ではなく、「ABCash」と社会のみなさんが聞いた時に、豊かなイメージを連想させるブランドに成長させていきたいです。


例えば、コカ・コーラ、Apple、ユニクロなどと聞くと、一人ひとりの記憶に残っていたり、心に触れたり、各々がストーリーを連想できるブランドだと思います。


「ABCash」というブランドも、豊かなイメージを連想してもらえる、選び続けてもらえる、応援し続けてもらえる企業ブランドにPRの力でしていきたいです。


ー 読んでくださっている方へ一言!

ここまで読んで頂きありがとうございました!

PRの力で新しい金融教育のあり方を日本に作って行きたい方、少しでも話を聞いてみたいと思ってくださった方は、ぜひ一度お話しましょう!



広報PR
広報PR | 金融教育という新しい産業を世の中に広めませんか?
ABCash(エービーキャッシュ)は、オンライン金融教育を軸としたフィンテックベンチャーです。 2018年の創業以来、主にミレニアル世代の女性が家計管理や資産形成について学んでいます。グローバルな視点からみて金融教育が遅れている日本。ファイナンシャルリテラシーを身につけ行動する人が増えることで、消費や投資を通じて経済に新たな活力を与え、日本の次の成長につながると信じています。 ▼これを見ればわかる!ABCashのこと 1.【起業家インタビュー】ABCash児玉隆洋 「日本人はもっとお金に強くなるべき」/ ABCash創業ストーリー GOETHE[ゲーテ] 情熱パーソン https://goetheweb.jp/person/article/20200422-abcash1 https://goetheweb.jp/person/article/20200423-abcash_takahiro_kodama 2.実現したいのは「金融リテラシーの高い日本」。お金の知識がないという理由で、夢をあきらめずにすむ社会を創りたい / ABCash創業ストーリー KEIEISHA TERRACE by 経営者JP「イマ、ココ、注目社長!」   https://keieishaterrace.jp/article/detail/15886/ 3.日経新聞 https://www.wantedly.com/companies/abcashtechnologies/post_articles/305881 https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC188QU0Y1A510C2000000/ https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC011570R00C21A7000000/ 4.ABCash プレスリリース https://prtimes.jp/main/html/searchrlp/company_id/33541 5.1年で生徒数2.5倍の金融教育 ABCash成長のカギは特化戦略にあり /Forbes JAPAN https://forbesjapan.com/articles/detail/42146 6.テレビ東京 WBS(ワールドビジネスサテライト) https://www.youtube.com/watch?v=P-h4t7wZ2W8
株式会社ABCash Technologies


広報
若手が多い急成長スタートアップで攻めの広報・PRを募集!
ABCash(エービーキャッシュ)は、オンライン金融教育を軸としたフィンテックベンチャーです。 2018年の創業以来、主にミレニアル世代の女性が家計管理や資産形成について学んでいます。グローバルな視点からみて金融教育が遅れている日本。ファイナンシャルリテラシーを身につけ行動する人が増えることで、消費や投資を通じて経済に新たな活力を与え、日本の次の成長につながると信じています。 ▼これを見ればわかる!ABCashのこと 1.【起業家インタビュー】ABCash児玉隆洋 「日本人はもっとお金に強くなるべき」/ ABCash創業ストーリー GOETHE[ゲーテ] 情熱パーソン https://goetheweb.jp/person/article/20200422-abcash1 https://goetheweb.jp/person/article/20200423-abcash_takahiro_kodama 2.実現したいのは「金融リテラシーの高い日本」。お金の知識がないという理由で、夢をあきらめずにすむ社会を創りたい / ABCash創業ストーリー KEIEISHA TERRACE by 経営者JP「イマ、ココ、注目社長!」   https://keieishaterrace.jp/article/detail/15886/ 3.日経新聞 https://www.wantedly.com/companies/abcashtechnologies/post_articles/305881 https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC188QU0Y1A510C2000000/ https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC011570R00C21A7000000/ 4.ABCash プレスリリース https://prtimes.jp/main/html/searchrlp/company_id/33541 5.1年で生徒数2.5倍の金融教育 ABCash成長のカギは特化戦略にあり /Forbes JAPAN https://forbesjapan.com/articles/detail/42146 6.テレビ東京 WBS(ワールドビジネスサテライト) https://www.youtube.com/watch?v=P-h4t7wZ2W8
株式会社ABCash Technologies
株式会社ABCash Technologies's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more