1
/
5

Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

親子で学べる金融教育「ABCash Kids」スタート

コロナ休校により学校の夏休みが短くなった今年。

こういう状況だからこそ、大切な「お金」について学んでほしい。お金について学ぶことはネガティブであるという古い固定概念を変えたい。そういった想いから、親子で学べる金融教育「ABCash Kids」をスタートしました。

▼池田先生と永井先生が楽しい授業を行ってくれました!

「ABCash Kids」は小学生を対象に、ゲームや授業を通して、お金の大切さを親子で一緒に学びます。今回は世の中の状況を考慮して完全オンラインで実施しました。

この授業で学んでほしかったことは、お金とは人生を輝かせるための「手段」であるということ。たくさんあるのが偉いわけではないし、少ないことがだめというわけではない。先生がこのことについて話した時、「なるほどー!」という声もきこえてきました。

授業では、お金の歴史や新しいお金(キャッシュレス)について学び、お金の姿形は変わっても変わらない本質、つまり、あくまで人生を輝かせるための「手段」であるということをしっかり学んでもらえたと思います。

最後に、「もしお金の不安がなくなったら(お金のことを考えなくていいとしたら)何にお金を使いたいですか?」という質問に対して一言作文をつくって発表してもらいました。

・売れない画家の絵を見て買い取って画家を育てる仕組みをつくりたい
・(コロナとかの)病気がなおる薬をつくりたい
・飼い主のいないネコやイヌを助けて、新しい飼い主を見つけてあげる施設をつくりたい
・こまった人をたすけたい

などの発表がありました!

みんな「自分がどうなる」「あれが欲しい」ということではなく、人のため、社会のために役に立ちたいという想いを持っているのだと感じました。

みんなのこの作文の内容から、子供の頃からしっかりと正しいお金の知識を身につけることで、社会は変わるのではないか・・・と強く感じました。

また、「こういう授業を学校でもやってほしい!」という声もあり、改めて金融教育をもっと広めていきたい、そして、私たちにはその使命があるということを改めて感じました。

株式会社ABCash Technologies's job postings
11 Likes
11 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more