Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

【社員インタビューVol.2】〜「私にとってABCashとは」〜

こんにちは!

株式会社ABCash Technologies採用担当です!

今日は、弊社の熱血ファイナンシャルコンサルタントの石谷(いしたに)のインタビューをお届けいたします!どうぞお楽しみください!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Q:いきなりですが、これまでの経歴をお聞かせください。

大学卒業後、一般の飲食系企業へ就職しました。ですが、20歳超えた時くらいから自分で「金融教育」というか投資関係の方に興味をもち独学で学んでいました。
 それを仕事の方でもやりたいなと思い、FPの資格を取得して、ファイナンシャルプランナーの個人事務所へ転職をしました。そこで数年働いていたんですが、やってみて自身がイメージしていたものと、実際にやっている事が、お客様へ寄り添いという部分においてはちょっと違うという違和感を持ちました。保険販売とか営業としての業務に近くて、現在はABCashにいる為、中立性が当たり前になっていますけど、当時はまだその中立性という考えは持ってませんでした。
「ああ、これが当たり前なのかなぁ」っていうちょっとモヤモヤした状態が正直あったんですね。
 だけど、自分一人で何かできるっていう訳でもなく、たまたまABCashのHPに出会って、そこで初めて「中立性」という言葉を見て、「なんだそういうのもあるんだ!」と。当時はそういうことを考えてなくて珍しいからこそ、そういう中立性っていう言葉が響きましたね。
そこで、「是非やってみたい」と思い、実際に無料体験会(現在は女性のみの無料体験となっています。)をお客様として受けました。そこで、「やっぱりいいな」と思って。
本コースは受講しなかったんですが、半年後くらいを仕事の目処がつき、改めて面接を受けさせていただいてABCashへ入社しました。


Q. ABCashに転職決めた理由は何ですか?

 中立性という観点ですね。もともとファイナンシャルプランナーとしてやっていた金融教育をもっと平等にいろんな人にお届けしたいという思いですね。


Q. 転職活動で大切にしていた軸はありますか?

 私の場合はちょっとケースが特殊で、ここの会社(ABCash)でしか多分「自分がやりたい」と思えるものが実現できる会社が無かったので、「この会社に採用されるにはどうすれば良いか?」というところで、色々な金融の知識とかも学ぶのは勿論、自分自身の家計簿を実際に面接へ持って行ったりとかもしました。
 ただ、ABCashに関わらず、飲食店からFPの事務所に転職するときもそうなんですけども、知識とかノウハウを学ぶ姿勢が大切か思います。あとは、コミュニケーションとか身だしなみ、雰囲気や爽やかさ等を意識して面接に挑んでいましたね。

日々熱い想いを語ってくれる石谷さん。


Q. 入社前と入社後のギャップはありましたか?

 最後の社長面接の際に、ある程度は「ベンチャーは大変」だっていうものは言われていたので、そこは覚悟していました。実際入社して、朝から晩まで働いて大変だなとは正直思いました。
 でも、それ以上に、お客様の家計の状況が好転したり、それで浮いたお金でお食事などへ行きご夫婦での会話が増えたりと、家庭環境にさえプラスの影響を与えられているという実感を持つ事が出来てからは、寧ろもっともっと仕事をこなして経験を積んだり知識をとったり資格を取得したりなど、お客様に更に貢献したいという思いは、大きくなりましたね。


Q. スタートアップで働くとは一言でいうと?

 私の場合は「自己実現」でしたね。自分のやりたかったことをそのままやれる
 そして、スタートアップのいいところは、「何かやりたい」という思いで大企業で働いている方も多くいらっしゃると思うんですけど、手を挙げて「これをやりたい」という時に、実際にやると。
 全社員共通しているのが、「やる」っていう時のスピードが圧倒的に速いです。そこに関しては実際にベンチャー企業にスタートアップに入ってみての魅力でしたし、本当にもうクセになりそうなくらいたまらない刺激があって最高な仕事環境だなと思っています。


Q. 今後の目標を教えてください!!

 今後の目標は、変わらず「金融教育」を本当に日本中の人に届けたいですね。また、私個人としては入社していただいたメンバーへ研修のトレーニングや、正しい中立的な知識を実践を通して学ぶ様な教育方面の立場にも立って、お客様と社内両方でお伝えをしていきたいなと思います。
 「日本の金融教育を良くしたい!」そんな思いを持った方と共により良い未来を作っていきたいですね!!
皆様のご応募お待ちいたしております!一緒に日本の金融教育の未来を語りましょう!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

インタビュー後も熱い思いがどんどん溢れ出てきて、お話が止まらなかったです!!

株式会社ABCash Technologies's job postings
【社員インタビューVol.2】〜「私にとってABCashとは」〜
Takahiro Iwasaki
株式会社ABCash Technologies /
53 Likes
53 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more