1
/
5

Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

第33回日本泌尿器科内視鏡学会総会の医工連携企画ブースに出展

サイマックス株式会社は、第33回日本泌尿器科内視鏡学会総会の医工連携企画ブースに出展いたします。

ブログの方はシステムの利用メリットなど詳しく記載しています。是非ご覧ください!



■出展概要

2019月11月21日~23日に開催される第33回日本泌尿器内視鏡学会総会において、サイマックスが開発した全自動排尿モニタリングシステム(self-Health Moniting System in Urine, 以下s-HMSU)を紹介いたします。

s-HMSUは、世界初・既存のトイレに取り付け可能な全自動の排尿モニタリングシステムです(2019年9月当社特許調べ)。本システムは既存の排尿測定の課題を解決し、医療現場の負担軽減に貢献します。

■全自動排尿モニタリングシステム( s-HMSU )の概要

■ s-HMSUの特徴

  • 一般的なトイレに簡単に後付け可能であるため、自宅での排尿モニタリング( Home uroflowmetry)が実現可能です。
  • 利用者は普段通りトイレを利用するだけでよく、日常導線を変更する必要がありません。測定結果は自動でスマートフォンの専用アプリに届きます。
  • 不特定多数が使用するトイレにおいても利用可能です。


サイマックスはこれからも独自の生体情報センシング技術を活用し、医療ヘルスケアの進展に貢献します。

Symax株式会社's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings