1
/
5

【社員インタビューVol.5】空白の4年間を経てHapInSへ入社した理由

--今日はよろしくお願いします!谷岡さんは顔出しがNGだと聞いているので...

はい。VRのアバターでお願いします。

--VRのアバターで。笑 わかりました!

経歴

--早速ですが、谷岡さんのこれまでのご経歴について簡単にご紹介お願いいたします!

そうですね...、どこから話しましょうか。笑

--谷岡さんは周りよりも早い段階で中学生の頃からプログラミングを始めたとお聞きしていますが...

はい。もう少し遡るのですが、プログラミングに興味を持ったきっかけとしては、小学生の頃にプログラミング知識がなくてもゲーム制作ができる「RPGツクール」というソフトに触れたのがきっかけです。そこから本格的にプログラミングを学び始めたのが中学生の頃でした。中学生の時は、Webサイトの開発に興味を持ち、初めて触ったスクリプト言語がPerlでした。PerlのMojoliciousというフレームワークでバックエンドを書いたり、HTMLとCoffeeScriptでフロントエンドを書いたりしてWebサイトを作成していました。

それから専門学生の時にプログラミング言語であるC言語とC++言語、Javaを学びました。2Dや3D、Android用のゲームを開発したり、3年生のゲーム開発では、20名程のチームでリードプログラマーとして携わっていました。

その後、在学中に前職に早期入社をしたのですが色々とあって8ヶ月くらいで退職しました。

退職理由になった一部のエピソードなんですが、前職の会社は始業時間が9時だったんですね。ですが、連絡を入れずに9時ちょっと過ぎくらいに会社に到着してしまったんです。到着後すぐに研修室に入ったんですが、十数人程の同期がいる中で研修担当の方に大声で怒鳴られてしまいまして。「辞めた先輩の中にお前みたな奴が居た。そいつはどうなったと思う? 浮浪になったんだよ!」みたいなことも言われましたね。連絡をいれずに遅刻してしまった私が悪いのですが、人前で怒鳴られることはすごい苦手なので、精神的に参ってしまいました。そこから何ヶ月かはもったのですが、やっぱり引きずってしまったり積み重ねもあって退職したといった感じです。

あと、面白いエピソードなのですが、研修中に研修担当の方が後ろ手に棒を持って研修室を歩き回っていたんですよ。で、「あ、ここはやばいんじゃないか」と思ったのも理由の一つではあります。

--棒を持って歩き回っていたのは面白いですね。笑

そうですよね。笑 それで2017年ぐらいに退職をして、そこから長々と引きずってしまって4年ぐらいは休職していました。でもプログラミング自体は好きだったので、その間はプログラミングを続けていました。

空白の4年間で学んだこと

--休職期間中は色々と学んできたと聞いていますが...

そうですね...、お遊びレベルではありますが、プログラミング言語を自作したりしていました。

--言語を作る側っていうのはすごいですね!

ありがとうございます!その他には、個人サイトのバックエンドをいろんな言語のWebアプリケーションフレームワークで書いています。CommonLispのCaveman2から始まり、RubyのSinatraやPadrinoで書いてみたり。現在のバックエンドはElixirという言語のPhoenixというフレームワークです。

--すごいですね...。ほんとに。

転職活動について

--そこから4年ぐらいの期間を経て就職活動となった時に、就職に対して不安とかありましたか?

実務経験が少なすぎるのがネックだと思っていました。空白の4年間は確かにプログラミングをやっていたんですが、ちょっと疲れちゃった時もありサボっていた時期もあったので。

--そうですね。この業界は結構、実務経験が評価されるので、最初はどう営業をかけるか悩みました。笑 でも、谷岡さんは4年間で培った技術を伝える力と、技術力の高さがあったので入社してすぐに案件先が決まったのかなと僕は思います。

はい。ほんとにありがとうございます!!

HapInSに入社して良かったこと&悪かったこと

良かったこと

最初に希望していた「出社はできるだけないほうが良い」といった条件が通ったのが良かったことです。最初の案件では初日にPCを受け取って案件の終了時にPCを渡しただけだったのでほぼ完全フルリモートで、2つ目の案件も最初の1日目だけ出社しただけでそこからフルリモートでした。今現在の案件もフルリモートなのでほんとに感謝しています。

--ありがとうございます!実務経験が浅いうちは関東に来てもらうことが内定の条件ではあったんですが、なるべく希望した条件に沿って実際に営業をかけてみたところフルリモートいけましたね。

悪かったこと

HapInSというよりかは、SESの準委任契約での精算幅に関することです。

下限上限などの関係によって連休が取得しにくいなと思ったりしています。今の契約が下限140時間なんですけど、この間、(2022年)8/9~8/16の休暇を頂いた時に、その月の総労働時間が136時間になってしまい、下限を下回っていたんです。なので8月1日~4日の間に1時間ずつ残業して調整しました。本当は8日も休みにしたくて、11連休にしようかと思っていたんですが、総労働時間が128時間になってしまうんですよ。そうすると、残業が12時間になってしまうので流石にキツいなと思って諦めました。笑

もしこれが自社であれば、総労働時間を気にしなくていいので11連休は問題なく取得できるなと思い、これに関してはSESは少し不便だなと感じました。

--なるほど!笑 確かにめちゃくちゃ気持ちはわかりますが難しいところではありますね。弊社の場合だと単価評価制度を導入している関係から実績で賞与を還元してるので賞与に影響が出てしまうんですよね。

なので、そこの案配をどう考えるかが今後の課題ですね...!

社内の雰囲気

社内Slackに雑談や趣味チャットがあって、コミュニケーションの場があるのは良いなと思いました。SES業界では同じ会社の社員と普段は顔を合わせることがあまりないので...。

--谷岡さんは、あんまり雑談には入らないですか?

たまに入ります。でもこれが強制じゃなく自由に参加できる雰囲気なので良いなと思っています。全員が雑談とか好きなわけではないと思うので、プライベートと仕事をしっかり分けたい人にとっては有難い雰囲気なのかなと感じますね。

--ありがとうございます!弊社としてもみんなが学びやすい環境を作り、心理的安全性を会社としては意識しています。

それに僕は棒持って歩かないんで。笑

入社理由

--転職活動をされた中で他の会社からも内定をいただいていたと聞いていたのですが、HapInSを選んだ理由を教えてください。

20~30社を受けて、内定をいただけたのが2社でした。そのうちの1社がHapInSだったんです。

待遇面の比較になってしまうのですが、HapInSは給与面が良いのと、スーツで出社しなくて良いといった条件に魅力を感じました。スーツで出社をするのが好きではないので...

もう一方の会社が実務経験が少ない間は最初の案件はスーツを着て、出社するといった条件でした。それに加えて給与面も一般の年収よりも低い位置にあったのでライフワークバランスが取れないと感じ辞退しました。

今はHapInSに入社したおかげで毎日おいしいものを食べることができて、貯金もできて、趣味にも集中できて、とても充実した日々を過ごしています。

なので、...そうですね。結果論としては、「ライフワークバランスがしっかり取れると思ったから」が入社を決めた理由です。

--確かに聞いた給与と比べると倍ぐらい違いますね!

それにツイッターを拝見すると、秋葉原とかに行っていて東京を満喫しているなあと思いました。

はい。最近は行けてないのですが...、満喫はできていますね。

ギャップを感じたこと

以前もSESの業界だったのですが、過去の経験もありSESってパワハラとかが多い業界だと思って少し偏見を持っていたんです。でも実際入社してみるとパワハラとか全然なくて。

それにフルリモート案件の選択の自由度の高さに驚きました。その理由としてはSESは柔軟性が低いと思っていたので、入社してから選択権があることにとてもびっくりしました。

良い意味でギャップを感じましたね。

これから挑戦していきたいこと

HapInSでHaskellやElmのような関数型言語を使用しても良い業務があれば是非やっていきたいなと思っています。

--なるほど!社内では使用できる人が限られているので難しいところではありますね...。

やっぱりそうですよね...。笑

--そのニーズに応えるとなると、例えば...社内の部活動でプログラミング部を作って、その中で好きなものを作って遊んでみるとかはどうですか?活動費も会社から少し出るといった感じで。

おお、いいですね!すごくいいと思います!!

--じゃあ、ちょっと考えてみようと思います!

HapInSに求めること

正直...今のところ不満はないので、求めるところとなると難しいです。

--それは良い事として受け取っていいのかな?

そうですね。良い事だと思います!

最後に一言

エンジニアの方たちは、SESに偏見を持っている人が多いのではないかと思います。少なくとも自分が知っているSES業界の中では、HapInSは案件の選択の自由度が高かったり、フルリモートの案件を営業の方がたくさん持ってきたりしてくれます。SESだからと食わず嫌いをせずに一度は受けてみてもいいのかなと思います。

--ありがとうございます!!

使用アバター: 桔梗 https://booth.pm/ja/items/3681787


HapInS株式会社's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
Invitation from HapInS株式会社
If this story triggered your interest, have a chat with the team?