【社員インタビュー Vol.2】将来の夢はアフリカで起業!AIプラットフォーム部・安田さん

こんにちは!

GAUSSのコーポレート担当の阿部です。


前回の長谷川さんのインタビューはいかがでしたでしょうか?

…なーーんて感想も聞かないまま、ここは間髪入れずにVol.2!!笑

どんどん進めちゃいます。


今回はAIサービスの土台を作り上げる、AIプラットフォーム部の若き部長!

そう、先日社内でDocker研修もやってくれた安田くんの登場です!!

============================================

Q1. 自己紹介をお願いします。

安田 大地です。

今年の4月にGAUSSへ入社して、インフラ案件もろもろと、AI開発支援用のサービス「GaussFoundationPlatform(GFP)」の開発、社内インフラ整備とかを担当しています。

GFPの詳細はPRTimesで ↓
AIスタートアップ「GAUSS」、Oracle Cloud Infrastructureを活用し、誰でも簡単にAI開発・導入ができるプラットフォーム提供を開始します
GFPサービス概要] AI開発を支援するプラットフォームを提供し、データ準備(RPAツール)、データクレンジング、アノテーション、学習、デプロイ、継続的なインテグレーションを一気通貫でサポートいたします。 画面イメージ (データ取得) AI開発に欠かせないデータ取得やデータ収集をワンクリックで代行してくれるデジタルロボット(RPAツール)を搭載しております。 (アノテーション) 教師データ作成を簡単に行うため、教師データの作成ツール(アノテーションツール)を搭載しております。 ※ツールは無償提供。教師デー
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000010.000027358.html

Qiitaをきっかけに、先日ウェスティンホテルで行われた「Oracle Innovation Summit Tokyo 2018」でGFPについて登壇させていただいたりもしました!

ちなみにIT業界に入った理由は「サボれそうだから」。笑

高身長、高体重、サッカー好きの動けるデブです!


Q2. GAUSSに入社を決めた理由は?

知人の紹介でGAUSSの面接に行って、その時はまだオフィスが渋谷のワンルームマンションみたいなところだったんですけど、

みんながぎゅうぎゅう詰めになりながら、わいわい開発してる様子を見て、そのベンチャーっぽさに惹かれました。

あとは社長がエンジニアで技術力があるという点と、若いメンバーが多いので仕事しやすそう!と思い、入社を決めました。


Q3. どんな業務を担当していますか?

AIプラットフォーム部の部長としてメンバーをまとめつつ、幅広くインフラ系の業務を担当しています。

GaussFoundationPlatformの開発では、プロジェクトのリーダーとして、設計・開発・進捗管理・取材対応などなど… なんでもやってます!


Q4. 業務のやりがいは?

裁量を与えてもらえるので、自分で勉強して力量を高めながら、様々なことに挑戦していけることがやりがいです!


Q5. 逆に大変なところは?

高い技術力が求められることをしているので、途中で詰まることはもちろんありますし、

やったことがない業務は分からないことも多いので難しいですね…。

でもどんな業務もエンジニアとしての成長につながっていく実感があるので、楽しく取り組めてます。


Q6. これからやってみたいこと、夢はありますか?

アフリカで商売をしたい!です。

日本人があまりいない環境で自分の力を試してみたいです。

初海外!初セネガル!!


Q7. そんな安田さんの座右の銘、教えてください!

「死なんかったら何でもええねん」です。

特別エピソードとかはないですけど、死なんかったら何でもよくないですか?笑


Q8. これからGAUSSにどんな仲間が増えたら嬉しいですか?

仕事に情熱を注げる人!


Q9. では最後に、記事を読んでいただいた方に一言!

GAUSSでは日々愉快なことが起きています。

みんなで楽しく厳しく働いているので興味がある方は是非!!

============================================

安田さん、ありがとうございました!!

株式会社GAUSS's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings