1
/
5

Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

【資金調達約10億】「幸せの総量 最大化」ミッションを実現するための仲間に出逢いたい

こんにちは!CAPS株式会社の採用人事責任者の吉田です。

先日、資金調達のプレスリリースを発表いたしました。
「CAPSグループ、金融機関などから約10億円の資金調達を実施。クリニックの出店加速とニューノーマル対応を強化」


私達の今後の展望については記事を見ていただけるとご理解いただけるのですが、Wantedly上では、これからの採用にかける想いをお伝えしたいと思います。

昨年冬から始まった新型コロナウィルスの流行により、CAPSグループが行っている事業の一つであるクリニック運営事業は大きな影響を受けました。受診控えによる来院数の減少、予防の徹底による疾患流行の減少、日々の新型コロナウィルス罹患のリスク、スタッフの休業、開院時間短縮、オンライン診療の本格化、オフィススタッフのリモート勤務など、働いているスタッフにとっても激動の日々でした。

採用を凍結したり、営業時間短縮中には部分休業も行いながら運営したりしていた時期もありました。「採用を通して会社と人が出会う」「仲間を採用できる」「一緒に働く」これらは当たり前のことのようで、実は全くそうではなく、奇跡のような巡り合わせでこと痛感する日々でした。

その後、多くの変化を乗り越え、社会からも大きな期待をいただき、今回の発表にあるような兆しが見えてきました。2021年の新規出店予定も続々と決まり、1年で150%の規模に増える見込みです。

コロナ禍以前は、「ヘルスケア業界」や「医療業界」は、就職・転職の際の業界選びの際に選択肢に上がりやすい業界の一つだったのではないでしょうか。レガシーな部分も多く残りイノベーションの可能性の大きさや社会的貢献性が非常に高いことも魅力だったと思います。

コロナ禍を経て「医療業界」「ヘルスケア業界」は各種報道での影響もあるのか「大変そうなのでは?」と懸念されている部分もあることを感じます。確かに大変な部分がないわけではないですが、実際は「幸せの総量を最大化する」というミッション実現に向けて前向きに、日々邁進しています。実はこの1年の社会の変化は私達に追い風でもあるとと捉えているのです。CAPSグループが経営理念に掲げている「治療」「予防」「教育」の考え方への理解が社会全体で大きく広がり、人々の健康への意識も爆発的に高まりました。今はまさに大きく仕掛けていくための絶好のタイミングなのです。

ニューノーマルの時代になり、社会も人もこれまで以上のスピードで変わっていくと思います。私たちは、その変化スピーディにキャッチし、人々の気持ちに寄り添うようなサービスを365日提供し続け、届けるための拠点をさらに増やしていきます。そして、同時に、医療従事者を始めとするスタッフの働きやすさや生産性も高める努力を続けていきたいと考えています。

これから始まるCAPSの急成長を一緒にチャレンジしてくれる仲間を出逢うために様々なポジションで絶賛採用活動中です。こんな環境だからこそ「健康のありがたさ」「医療の重要性」を強く実感し、エントリーをしてくださる方も増えていることに、本当に嬉しく思っています。医療業界未経験であることは全く問題ないのでご安心ください!(今のオフィス勤務スタッフもほぼ全員医療業界未経験です)

興味を持ってくださった方からのエントリーお待ちしております。

CAPS株式会社's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more