1
/
5

ヨガを取り入れたトレーニングで心と身体の健康づくりをサポートする 明るく華やかな女性トレーナーのお話

Wantedlyに掲載している当求人の中でも、最近人気を集めているパーソナルトレーナーのお仕事。いつもたくさんの方からの応募をいただいています!
興味はあるけど敷居高そうでちょっと躊躇っちゃう…
自分も活躍できるフィールドなのかを知りたい…そんな方必見です!

トレーニングを通して健康の土台づくりを提供するDATA fITNESS(データフィットネス)六本木。通称、DF(ディーエフ)。今回はそのデータフィットネスに新しく加わった明るく元気な非常勤トレーナー、西田さんにお話を伺っていきたいと思います!

六本木駅から徒歩5分。マップ通りに進み、目的地の建物の階段を下る。DATA fITNESSのロゴが描かれたガラス扉を開けると、店内の奥から元気な声が聞こえてきた。
「こんにちは!今日は宜しくお願いします!」
ニコニコ笑顔で明るく迎え入れてくれたのは今回のインタビューの主役、西田 優里さん。

プロフィール
西田 優里 (にしだ ゆり)30歳
CAPS株式会社 DATA fITNESS六本木 非常勤トレーナー。
2021年1月入社。
もともとはヨガのグループレッスンのインストラクターを行っていたが、よりお客さま1人ひとりに合わせたサポートがしたい、健康づくりの手助けをしたいという思いで、マンツーマンのレッスンができるDATA fITNESSに仲間入りをした。現在はヨガのインストラクターと両立させながらWワークで活躍をしている。

DATA fITNESSに入社する前の自分

ヨガのインストラクターは現在5年目なんですが、 実はその前は女性専用のパーソナルトレーナーをしていました。食事指導からトレーニングまでの一連を指導をして、例えば2ヶ月でどれくらい痩せられるか、といったお客様の目標を達成するサポートを行っていました。

ーサポートが好き。そんな思いからトレーニング業界へ。

自分自身がすごく太りやすい体質で、万年ダイエッターなんです(笑)
だからダイエットをする人の気持も分かるし、そんな人達をサポートしたいと思い、トレーニング業界に入りました。自分自身もダイエットに興味があるので、身体のことをもっと勉強したい!と思ったのも理由の一つですね。
最初は女性専用のパーソナルトレーナとしてスタートしたのですが、トレーニングを行っていくうちに、だんだんとヨガへの興味が湧いてきました。ヨガの素晴らしさを知り、ヨガトレーナーとして活躍するようになり、現在はWワークでDATA fITNESSのパーソナルトレーナーをしています。

自分の心と向き合い、出会ったのがヨガだった。

過激なダイエットをしていくと、だんだんと心が荒みやすくなってくるんです。トレーニングをしているお客様を見ていてそう感じることもありましたし、自分自身も同じように感じました。そんな時、心と身体のリセットをしながら取り組むことができるヨガに興味を持ちました。ヨガを通して自分の「心」を感じることができて、荒んだ心もリセットされていくのが分かり、「ヨガってなんて素敵なんだろう」と思ったことがヨガ業界に入るきっかけになりました。

私の行っているパーソナルトレーニングは、私の強みでもあるヨガを取り入れながら行っています。心の健康にもフォーカスできるヨガは、「健康」がキーワードになっているDATA fITNESSのトレーニングととても相性が良いんですよ!


もっとお客さんの理解を深めたい

ヨガのインストラクターとして働き始めてからは、グループレッスンが中心だったので「もっとお客様の求めているものを実感したい」「いまお客様がどんな状態でいるのかを知りたい」と思うようになりました。ヨガと並行しながらもっとお客さんと関わりたい!と思った時に出会ったのが、DATA fITNESSだったんです。

コロナの影響でインストラクターとしての稼働も減ったことにより、お客様とと関わる機会も減ってしまったのも寂しかったですね。お客様と接する機会があることで、お客様の求めているもの、過ごし方をもっと知ることができ、世間が今どんな状態になっているのかを理解することに繋がると思っています。

DATA fITNESSで働くことがリフレッシュと学びになる

人と接することが大好きなので、ヨガトレーナーとしてグループレッスンを担当することも、DATA fITNESSで1対1でお客さんと向き合うことも、どちらも楽しくやっています。Wワークは大変だけど、1対1で向き合えるDATAFITNESSは、より深くお客さんと接することができるので、ある意味良いリフレッシュになっていますね(笑)20~30人に対して伝えられることと、1対1で伝えられることは全然違うんです。伝えたいことが伝わるし、相手の気持も理解できる。DATA fITNESSで働いていることがWワークの安定剤になっています。

今はコロナで休業も挟んでいますが、基本的にヨガは週5勤務、DATA fITNESSは空いた時間で週2~3日のシフトを入れています。仕事の両立は大変なところもありますが、仕事以外でもしっかり息抜きはできています。 プライベートも充実しつつ仕事も充実できているので毎日が楽しいです!


お互いを高め合える環境に感謝

今まで女性相手にしかパーソナルトレーニングをしたことがなかったので、正直、男性にどうトレーニングしたらいいのか不安でした。
例えば、男性と女性では筋肉の付き方や柔軟性が違いますよね。身体の作りが違うと、自分の体感で感じ取ったものを伝えても、異性にはうまく伝わらないことがあります。
そんなときは、他のスタッフに相談をするようにしています。男性はこうしたほうが理解してもらいやすいよ、 声掛けはこうしたほうが理解してもらいやすいよ、とみんな親身になって教えてくれるんです。

また、DATA fITNESSの会員数は圧倒的に男性が多いですが、女性のお客様からパーソナルトレーニングの予約が入ることもあります。そんなときは、今度は自分が他のスタッフにアドバイスを行っています。女性は頭で理解できると体を動かしやすいので、納得してもらうこと、つまり心理的に働きかけることでより高いトレーニング効果を得られることを男性スタッフにアドバイスしたりしています。

談笑する西田さん(左側)とスタッフの東元さん(右側)

DATA fITNESSのパーソナルトレーニングはお客さんに固定の担当がつきません。全スタッフでお客さんに合ったメニューを提供していくスタイルなんですが、どうしてそのトレーニングを提供するのか、スタッフ同士で話合うことで、自分の知らなかった新しい知識も得ることができます。そんな風にお互いの意見を交換しながら、助け合いながらお互いを高め合える。それを普通にできるのがDATA fITNESSのいいところだと思っています。 男性だから、女性だからと、意地をはらずにできることが働きやすさの秘密かもしれません(笑)

将来的には自分自身を売り出せるように

今はまだトレーナーの資格がないんです。トレーニングの指導経験しかしていないので、もっといろんな資格を取得していきたいと思っています。 DATA fITNESSで活躍をすることで、将来的には自分自身を売り出していきたいと考えています。DATA fITNESSではオンラインのレッスンも行っているんですけど、ヨガも取り入れながら行うトレーニングはとても好評なんです!

パーソナルトレーナーの予約の際に「西田さんにお願いしたい」と言ってもらえるととても嬉しくなります!モチベーションにも繋がるし、やりがいも感じる事ができます。
そうやってお客さんから「選んでもらえる」ことで、自分自身売をり出していきたいんです。ヨガインストラクターとしての私と、パーソナルトレーナーとしての私。将来的には、全部掛け合わせたものを私個人として売出して、もっとたくさんのお客さんのサポートをしていけたら良いなあと思っています。

スタッフもお客さんもいい人ばかりで、女性が少ない職場でも肩身が狭いと感じたことはない、先輩もみんな相談しやすく働きやすい環境だと語る西田さん。その姿はとても生き生きとしていて、一緒にいるとこっちまで元気いっぱいになってくるような、とてもエネルギーに溢れた方でした。

パーソナルトレーナーに興味はあるけど一歩踏み出せずにいる方、女性としての強みを生かして活躍したい方など、DATA fITNESSでもっと輝く自分を目指しすチャレンジしてみませんか?

CAPS株式会社's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings