1
/
5

「食べたものが身体をつくる」クリニックでの食育に挑む小さくて大きな管理栄養士。

今年4月にCAPSに新卒入社して、キャップスクリニック錦糸町で、地域のご家族の健康を支える三樹 彩夏さん。大学では栄養学を専攻し、管理栄養士資格を持つ三樹さんがなぜCAPSに入社したのか、その理由に迫りました!


三樹 彩夏(23):キャップスクリニック錦糸町の医療クラーク。管理栄養士資格を活かして、情報発信や栄養指導も担当している。


CAPS社員に聞いてみた、三樹 彩夏さんってどんな人?

❝通称、CAPSの吉岡里帆(りほほ)❞
常に積極的、意欲的で吸収しようとする力が高い。
一直線、機敏、柔軟、たまに躓く、けれどめげない。
向上心が感じられる、元気で行動力のある女性。
疑問に思ったことは必ず質問してくれる。毎日行う昼礼でも毎回発言してくれるのでとても有り難い。
LINE@の運用を担当している際、気づいたら傾向を分析してレポートにまとめ、皆に説明し始めている熱意と行動力がすごい。
仕事の報連相がキチンとできるのはもちろん、私と三樹さんの仕事の会話では「いい感じで♪」とやりとりすることが多いです。自分で考えてくれたり、もっとこうした方がいいのではと提言もしてくれるので、心強いです!



運動と食事の原体験から、栄養学を志した。

ー 大学では栄養学を専攻されていたんですよね。栄養学を勉強されたきっかけは?

三樹さん:東京農業大学で栄養学を勉強し、管理栄養士の資格を取得しました。

母が栄養バランスや献立をしっかり考えてくれていましたし、祖父母が自給自足できる位の畑を営んでいました。私も小さい頃から食べることは大好き。

また、運動も好きで、学生時代はテニス部と山岳部に所属していました。私が所属していた山岳部はインターハイの常連校だったので、夏は4泊5日で山にこもってました。運動をしていた時には、母が食事に特に気を遣ってくれていたのを見てるうちに、食べたもので自分の体調が変わることが面白く、自然と栄養学に興味を持ちました。



自分で自分の健康を守れる人を増やしたい。


ー 栄養学を専攻すると、その後は食品メーカー・病院や学校に就職される方が多いと聞きますが、三樹さんはどのように就活をしたのですか?


三樹さん:私の場合は、給食を作る以外の仕事がしたくて、まずは大手の食品メーカーを中心に就活をしていました。


ー 給食を作る以外の仕事とは、どうしてですか?


三樹さん:病院や学校の裏側で緻密で正確な仕事をするよりも、食べる人に直接関わる仕事がしたいと思っていました。

食品メーカーのインターンシップにいくつか参加させていただいて気がついたのは、メーカーの商品は選ばれないと意味がないこと。そう気がついてからは、食品を作る側ではなく食品を”選ぶ人”にアプローチをしたい、病気になる前に健康を自己管理できる人を増やせるような仕事がしたいと思うようになりました。

Wantedlyでは、管理栄養士・ヘルスケアでヒットした会社は一通り話を聞きに行き、そのうちの一つがCAPSだったのです。

ー 1年前はCAPSでは新卒採用は大々的ではありませんでしたが、当時のことは覚えていますか?


三樹さん:もちろん、覚えています。Wantedlyでメッセージを頂き指定された場所が、オフィスではなく、六本木にあるデータフィットネス(CAPSが運営しているフィットネスジム)だったんです(笑)

そこで、COOの金谷さんに会いました。話を聞きに行った際に、金谷さんがあるグラフを書いて見せてくれたのです。

「人は生後から幼少期に病院に通い、成長と共に行かなくなり、高齢になるとまた病院に行く。この間の『病院に行かなくなる年代』の健康にアプローチすることが重要」だという話を聞き、私が興味を持っていた予防医療とつながると思いました。

(※以下は、当時のイメージ写真です。)


多拠点チェーン展開の強みを活かした食育に取り組む。


ー 他の会社も見ていた中で、最終的にCAPSに入社した決め手はどこでしたか?


三樹さん:CAPSは内科・小児科・健診専門クリニックの展開をしており、幅広い年代・立場の方の健康にアプローチができること。また、管理栄養士専任の就職ではないため管理栄養士以外の経験も多く積めるのではと思ったからです。

私の母校の先輩で、キャップスクリニック錦糸町の事務長でもある秋和さんに、入社前にお会いしたのですが、「キャップスクリニックは多拠点展開しているから、地域ごとに違う生活習慣を持つ家族に関わることができる」と言っていただけたことも後押しになりました。

(キャップスクリニック事務長の秋和さんのインタビュー記事はこちら。)

ー CAPSに入社して半年、医療クラークとしての仕事はどうですか?


三樹さん:お子さんと触れ合うことができるのは楽しいです。同時に、覚えることや確認事項が多く、日々緊張感を持っています。医療機関では、小さなミスが重大な事故につながってしまいますから。

医療クラークとして半年が経って、新しいことに挑戦するという意味で栄養指導にも取り組み始めたところです。




ー 三樹さんが健康のために心がけていること、幸せだと感じることは?


三樹さん:よく食べること。様々な食材をよく食べる。私の推しはお米です。笑

他にはストレッチを毎日しますし、日帰りで登山やボルダリングに行ったりします。

美味しいものを食べている時と、旅行や山登りをしているときが幸せ。今は、屋久島や小豆島に行きたいですねー!グランドキャニオンにも行ってみたいです!



大人の「普通」が子どもの普通になる。チームで手探りしながら、自分たちにできることを見つけていく。


ー CAPSでは今後どんなことをしていきたいですか?


三樹さん:キャップスクリニックでの食育に力を入れていきたいと思っています。離乳食指導の取り組みは、代官山T-SITEで医師を中心に今も行っていますが、その後の食事が子どもの成長には大事。保護者の食事の普通が子どもにとっても普通になるので、大人の食事の意識にもアプローチできる手段を、模索しているところです。

現在は、情報発信の担当として、LINE@の発信も行っているので、クリニックに来ない人にも役立つ栄養や食育の情報を作成しています。


(キャップスクリニック錦糸町スタッフより)三樹さんが、患者様向けに配信する文章を作成した際、文章が読みやすいか、理解しやすい内容になっているかを確認して欲しいと周囲のスタッフに依頼をした事がありました。様々な意見を受けた際に「率直なご意見いただき大変助かります(^^)。みなさんの意見を参考にさせていただき、もう少しわかりやすいように修正してみます!」と、前向きに受け止める姿勢と発言が印象的でした。


キャップスクリニック錦糸町は、今年の春に開院したばかりで、制度としてもこれから整えていくことも多々ありますが、人のために何かしたい人が集まっているので、チームとして働いていて常にやりがいを感じています。





病気ではない健康な状態にある人が、自分のコンディションを継続できるよう、自分で選択できることがベスト。

予防接種や健康診断など、病気以外で来院される方も多いので、そのような方々が健康な状態を維持できるように何ができるのか、医療クラークとしての仕事を通して探っています。第二の就活みたいです!笑

新卒で入社して半年、常に意見を出して、患者様により良いサービスを提供できるように業務に取り組まれている三樹さん。今回の記事作成の際にも、読者の方に読みやすく、正確な情報が伝わるように協力してくださいました。

様々な年代の方が健康で生活できるようにアプローチするためには、多角的に考え、相手のニーズを汲み取っていく力が必要です。CAPSでは、日常的に社内外で多くの人とのコミュニケーションをとることで、この力が自然に身に付いていきます。

人の生活の基礎となる、健康に興味がある就活中の学生の方、ぜひCAPSに一度遊びに来てみてください!あなたがやってみたいことについて、一緒に話し合ってみませんか?




新卒 医療クラーク
新卒 医療クラーク募集!栄養指導も行う、健康のスペシャリスト
CAPS株式会社は「プライマリケアのパイオニア」としてITを活用した医療および健康経営事業を行っているベンチャー企業です。 事業内容としては、クリニックチェーンマネジメント事業(チェーン化している「キャップスクリニック」の開院や運営サポート)や、電子カルテの開発、健診サービス、ストレスチェックサービスの提供、産業医提供サービス、セサミストリートと提携した教育事業、ITを活用したプライベートジムの運営、医師のWebメディアなど、健康経営に関わる事業がメインになります。 また、弊社の代表白岡は現役の医師であり、医師であるからこその知見と観点で様々な事業を展開しています。弊社員一同、日々医療業界に変革を起こすべく日々挑戦を続けています。
CAPS株式会社


新卒 医療事務
新卒 医療事務を募集! ありがとうのそばで人々の健康を支える仕事。
CAPS株式会社は「プライマリケアのパイオニア」としてITを活用した医療および健康経営事業を行っているベンチャー企業です。 事業内容としては、クリニックチェーンマネジメント事業(チェーン化している「キャップスクリニック」の開院や運営サポート)や、電子カルテの開発、健診サービス、ストレスチェックサービスの提供、産業医提供サービス、セサミストリートと提携した教育事業、ITを活用したプライベートジムの運営、医師のWebメディアなど、健康経営に関わる事業がメインになります。 また、弊社の代表白岡は現役の医師であり、医師であるからこその知見と観点で様々な事業を展開しています。弊社員一同、日々医療業界に変革を起こすべく日々挑戦を続けています。
CAPS株式会社


20新卒総合職
20卒新卒まだ間に合う!医療・教育を通して、人々の健康を支える仕事。
CAPS株式会社は「プライマリケアのパイオニア」としてITを活用した医療および健康経営事業を行っているベンチャー企業です。 事業内容としては、クリニックチェーンマネジメント事業(チェーン化している「キャップスクリニック」の開院や運営サポート)や、電子カルテの開発、健診サービス、ストレスチェックサービスの提供、産業医提供サービス、セサミストリートと提携した教育事業、ITを活用したプライベートジムの運営、医師のWebメディアなど、健康経営に関わる事業がメインになります。 また、弊社の代表白岡は現役の医師であり、医師であるからこその知見と観点で様々な事業を展開しています。弊社員一同、日々医療業界に変革を起こすべく日々挑戦を続けています。
CAPS株式会社
CAPS株式会社's job postings
7 Likes
7 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more