Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

必要なのは「総合的に考える力」――PR会社経験者が語る”プランニングに必要な考え方”とは

広告主のマーケティング領域を支援する数々のプロダクトを開発し、業界を牽引するアライドアーキテクツ。SNSを筆頭にメディアが多伎化しマーケティング施策も複雑になる中で、常に新しい取り組みにチャレンジし続けています。今回は、企業が行うTwitterキャンペーンを「参加者への自動返信」で支援するプロダクト「echoes(エコーズ)」事業の副部長 鈴木悠真(すずき ゆうま)さんに、事業の特徴やこれまでのキャリアについてお話を伺いました。

PR会社から転職を決めた理由は「SNSマーケティングを極めるため」

――これまではどのようなキャリアを歩まれてきたのですか?


ぼくは今まで、全部で3回転職しています。1社目は小さな制作会社でテレビ番組のアシスタントディレクター、エディットディレクターとして約2年半働きました。テレビ番組の制作会社はディレクター以外の道が少ないので、2年目で「テレビ番組の制作だけできる人間になってしまう」と不安に思い、自分の市場価値を上げるために転職しました。

2社目はPR会社でリアルイベント系のプランナーとして約2年働きましたね。PR会社で初めてマーケティング・広告業界でのキャリアをスタートさせましたが、2016年中旬からどういった施策をプランニングするにも「SNS」は必ずキーになるようになっていました。SNSがここまで身近になると、「SNSとはそもそも何か」を知り、「SNSでどういうコミュニケーションをするとどうなるのか」までプランニングできないと、将来的に自分の市場価値が上がらないと思ったんです。

3社目にアライドを選んだ理由は明確で「国内最大級のSNSマーケティング支援の会社」だったから。やるならトップクラスがいいと思ったんですよ。

――現在はどのようなお仕事をされているんですか?


企業が行うTwitterキャンペーンを参加者への自動返信(オートリプライ)で支援する自社プロダクト「echoes」の事業部で副部長をしていて、営業部門6人をマネジメントしています。

「echoesを売る」ではなく、顧客の課題を解決する最適なソリューションを提案する

――echoesには競合他社がいますが、その中でメンバーはどのような理念を持って営業をしているのでしょうか?


「echoes」は競合他社が5〜6社あるので独自性を打ち出しにくいサービスですが、市場に対してニーズの高いプロダクトです。なので、市場の声をプロダクトの開発などに活かすことを大切にし、営業・開発・運用が一体となることをテーマにしています。

その中でぼくたち営業は「今市場においてニーズがどこにあり、今後伸びていく可能性が高いか」をすごく意識をしています。

「今Twitter・LINE・Instagramなど色々なSNSがある中で、なぜTwitterがいいのか?」
「なぜTwitteでプロモーションをやらなければいけないのか?」
「Twitterでプロモーションをする上で、なぜオートリプライがいいのか?」
「オートリプライツールの中でなぜechoesがいいのか?」

また、単純にechoesのサービスが説明できるようになるだけでなく、マーケットから見たechoesの必要性をロジカルに説明できるようになる点はチームのメンバーにも意識をしてもらっています。

――これまで培ったスキルの中で、役立っていることは何ですか?


ひとつのモノに対して強いこだわりを持たない「総合的に考える力」でしょうか。それこそ、ぼくはSNSのマーケティング支援の会社にいますが、SNSだけを信頼しているわけではありません。ソーシャルメディアマーケティングも大事ですが、マス広告やPRのような他のマーケティング施策も同じように重要だと考えています。私の場合はPR会社を経験しているからこそ、その強みも理解をしているつもりですし、逆にソーシャルメディアマーケティングにしかない強みも理解しているつもりです。その両方を理解して、総合的に支援することが出来るのが自分の強みだと思っています。

プロダクトに関する知識だけじゃなくて、「じゃあSNSはこういうコミュニケーションを目的にこういう風にやりましょう」「これはSNSしかできない領域だから一緒にやりましょうよ」と幅広くPR手法を理解しているからこそのSNS施策の提案ができるんです。echoesを売りたいわけではなくて、お客様の課題に対してどれが最適なのかを提案する。それがたまたまechoesだったという順序です。

「事業育成と人材輩出」――変化する鈴木悠真のキャリアプラン

――現在はマネジメントをする立場ですが、入社当時と仕事のやりがいは変化しましたか?


入社当時は自分の市場価値を高めるために、プランナーとして「リアルやSNSを使ったマーケティング施策をどれだけ設計できるか」を重視していました。「自分がプランナーとしてどう成長するか」を自分の中で大事にしていたんです。ですが、縁あってechoes事業部の営業責任を担うことになり、今までにはない視点が必要になりました。今は、プロダクト全体の営業戦略やPRの企画など事業全体を成長させることに注力・挑戦している最中です。

――今後のキャリアプランを聞かせてください。


元々はプランナーとして「個」を中心としたキャリアプランを考えていましたが、この会社で「事業戦略」に関わらせてもらったことで、「事業全体」を見るキャリアプランも視野に入れています。事業をどう成長させるかは短期的な戦略だけでなく、中長期的な戦略も継続的に考える必要があるので、今はその部分を勉強しています。

3年くらいは事業を伸ばしていくための施策やノウハウなどを吸収し、5年後くらいのことを考えると、echoesだけではなく、他のプロダクトを立ち上げて事業化させて2~3本走らせたい。そして10年後は様々な事業全体を統括し、意思決定できる人材になっていたいですね。

あとは、営業部門として今6人をマネジメントしているので、自分のチームの人間には単純に「echoesが売れる人材」だけではなく「SNSを使って顧客のニーズを解決できる人材」として、どこに行っても活躍できる人材を育てることも目標です。

――PR会社などに勤務していて、自分の市場価値を高めたい、アライドへの転職を考えている方にメッセージをお願いします!


メディアの多様化が進む今、「マス広告」のような大規模に一方的なコミュニケーションはより受け入れられなくなってきました。そこに対して「広告」ではなく、PRとして様々な切り口で「テレビ・雑誌・新聞・WEBメディア等」で取り上げてもらうようにプランニングするのがPR会社です。世の中に対して、モノやサービスを広告以外の手法を使って届けるという思想は非常にソーシャルメディアマーケティングのロジックと類似しています。

そのため、PR会社を経験している方はすぐにパフォーマンスを出すことができると思うし、先ほど話をしたように他のマーケティング手法を知った上で、ソーシャルメディアマーケティングのプランニングをできる人材は市場でもアライドアーキテクツでも非常に重要視されると考えています。

アライドアーキテクツはPR会社での経験があると活躍しやすい環境です。ぼくみたいに、PR会社出身の人間だからこそできるプランニングが市場にもアライドでも求められているので、「ぜひアライドへ来てください」と言いたいですね。

そして何よりアライドアーキテクツは手を挙げた人に対して「チャンス」を非常にくれる会社です。PR会社で培った経験を活かした新しいチャレンジについても、どんどん挑戦させてくれるので、市場価値を上げたい、成長したい人にとってはこれ以上ない環境だと思います。


アライドアーキテクツでは一緒に働く仲間を募集しています!

Sales
自社開発のプロダクトセールスに興味がある方WANTED!
アライドアーキテクツは、「ソーシャルテクノロジーで、世界中の人と企業をつなぐ」というミッションのもと、企業と生活者をつなぐ”架け橋”となるマーケティング支援を手がけている会社です。 自社開発によるSaaS型プロダクトと専門性の高いソリューションを掛け合わせることで、独自のマーケティング支援サービスを提供しています。 グループ全体では、以下の3つの事業を主軸に展開しています。 1)国内SNSマーケティング事業 Facebook、Twitter、Instagram、LINEなど各種SNSをマーケティング活用するためのさまざまなサービスを開発・提供しています。大手広告主企業を中心に、これまで4,000社以上との取引実績を持っています。2018年には、生活者と企業の最適な関係構築を設計(design)するべく「ファン・リレーションシップ・デザイン」構想を新たに始動し、さらなるサービスの進化に努めています。 ◇FacebookおよびInstagramの公式マーケティングパートナー認定 ◇LINEの法人向けサービス販売・開発パートナー認定(「LINE Ads Platform」部門、Sales Partnerの「Bronze」認定) 2)越境プロモーション事業 近年急拡大する中国市場に向けて、インバウンドプロモーションや越境EC施策を支援する多様なサービスを提供。ウェイボー社やテンセント社など中国を代表する大手インターネット企業と連携し、大手化粧品会社をはじめとする企業の中国向けプロモーションを支援しています。 ◇ウェイボー社「2017年度に最も影響力のあった海外メディア組織のトップ10」に、子会社「Vstar Japan」が選出 3)クリエイティブテック事業 デジタル広告を出稿する世界中の広告主に対し、独自のクリエイターネットワークと人工知能(AI)を活用したグローバルプラットフォーム「Creadits®(クレディッツ)」(旧名称:ReFUEL4)を提供しています。 ◇米IBM社や米PayPal社、中国Cheetah Mobile社など多数の世界的企業が導入 ◇米Facebook社が選ぶ年間で最も革新的なマーケティングサービスとして「Innovator of the Year 2016」を受賞 ※国内向け事業および中国向け事業のこれまでのサービス導入事例は以下のページでご紹介しています。 https://www.aainc.co.jp/mt/mt-search.cgi?IncludeBlogs=1&tag=%E5%B0%8E%E5%85%A5%E4%BA%8B%E4%BE%8B&limit=20
アライドアーキテクツ株式会社
アライドアーキテクツ株式会社's job postings
Anonymous
Picture?1522979110
Picture?1523245486
19105608 1577705195573838 1566692246952208119 n
Picture?height=40&width=40
Picture?height=40&width=40
21 Likes
Anonymous
Picture?1522979110
Picture?1523245486
19105608 1577705195573838 1566692246952208119 n
Picture?height=40&width=40
Picture?height=40&width=40
21 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more

Page top icon