Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

「プロダクトの社会に与える価値に惹かれた」アクセンチュア出身のエンジニア谷口が感じているオクトの面白さ

こんにちは。オクト採用チームです。
私たちは『建築業界の「働く」をITで幸せにする』をミッションに、建築業界向けアプリ「ANDPAD」を提供しています。

「オクトってどんな会社なんだろう?」「どんな人が働いているんだろう?」
そんなことを少しでも知ってもらうために、社員紹介を実施することにしました。


今回は東大卒業後、アクセンチュアで開発に従事し、現在はオクトのアプリエンジニアとして最前線で活躍する谷口に、なぜオクトへ入社を決めたのか、今オクトで何を実現しようとしているのかを話してもらいました。

「いつも挫折したという感覚しかない」プログラミングと出会い、周りとの差に愕然とした学生時代

(以下、谷口の発言)

学生時代は東京大学新聞の活動で記者をやっていたので、元々はぼんやりと「将来は新聞業界で働きたい」と思っていました。紙とペンを駆使するレガシーな環境で、ITに触れるのはWordで文章を作成したりExcelでグラフを作る時くらいなもので、当初はプログラミングとは無縁の生活でした。

そんな折に、僕と同じ代で編集長をしていた友人がプログラミングに強く、積極的に新聞制作の過程を自動化する仕組みを取り入れてくれました。それがとても面白いと思ったのと同時に、「レガシーな業界でもITは必要なんだ」と痛感し、プログラミングを勉強することを決意しました。

その編集長にプログラミングを勉強したいと言ったところ、勧められた参考書が『独習 C#』でしたが、コンソール上でif文を書いたところで何ができるのか全くわからず、すぐに心が折れてしまいました。
それから少し勉強して何かを作ろうとしては諦め、また気が向いたら勉強する、ということを繰り返していました。

就活では幸いにもアクセンチュアにテクノロジーコンサルタントとして早い段階で内定が決まり、空いた期間でプログラミングの経験を積もうと、エンジニアとしてインターンをしたり、さまざまなハッカソンやプログラミングのイベントに顔を出すようになります。
そこで知り合ったのは、個人で請け負った受託開発などで開発実績を豊富に持つ人や大学を休学してフルコミットでベンチャー企業に参画している人、小学生の頃からプログラミングに触れていて技術力を活かして起業している人など、同年代とは思えないような人たちばかりでした。
そういうメンバーの中でプログラミング未経験の自分が肩を並べられるわけもなく、「コードを書いて生きていくのは無理だ」と絶望感を感じました

一時期は新卒でベンチャー企業のエンジニアとして入社することも考えましたが、技術一本で生きていくのは無理だと考え、「技術とビジネス」の両軸で価値を生み出せる人材になろう、そういう思いでアクセンチュアに入社することになります。

成長すればするほど不満に気づいていった新卒時代

新卒では外資系コンサル大手のアクセンチュアにテクノロジーコンサルタントとして入社をしました。エンジニアとしてキャリアをスタートして、徐々に上流のプロジェクトマネージャーへとステップアップしていくポジションです。
アクセンチュアではハイブリッドアプリ(※Webビューで作ったスマートフォンアプリのこと)の開発プロジェクトにエンジニアとしていくつか参画していました。クライアント社内で業務に組み込むアプリの開発が中心で、クライアントの生産性が改善していく様子を直に見ることができました。ここでBtoBのシステムには本質的な価値があると感じることができたことが、後にオクトへ興味を持つきっかけにもなっています。
またプロジェクトの中でも特に印象深かったのは、クライアントと一緒にビジネスを一から作っていくプロジェクトです。かつて「コードを書いて生きてくのは無理だ」と絶望していた自分が、企画・開発からリリースまでやりきることができたことは、大きな成長に繋がりました。

ところが自分にできることが増えるほど、不満も溜まっていく実感がありました。
知識や経験を得れば得るほど、自分の中でやりたいことや作りたいもの、トライしたい技術がたくさん出てきて、どうしても会社の枠の中に収まらなくなっていきました。さらにそういう状況の中で、かつて挫折するほどの刺激を受けた同年代の人たちと比較した時に、成長スピードが鈍く感じられて、「自分はこのままでいいのか?」という焦りにもかられていました。

そして入社から一年半のタイミングで、さらに成長できる環境を求めてベンチャーへの転職を決意しました。

社会価値の提供、成長機会の獲得、存在意義の実感、その全てを満たせる環境がオクトにはある

転職ではBtoBで自社サービスを提供しているベンチャー企業を中心に見ていました。
その中で「本質的に世の中にとって価値があるシステムを、小さい組織で開発している会社」という軸で探している中で見つけたのがオクトでした。

実際に話を聞いてみると、建設業界というそれまで触れたことが無い領域ながら自社プロダクト(ANDPAD)が目指す世界観や社会に与える価値にとても共感しました。まだこれから体制を整えていく過程であり、幅広く色々な経験が積めそうな部分にも惹かれ、迷うことなく入社を決意しました。
オクトにはプロダクトの社会価値、事業成長と組織構築の中で得られる成長機会、そしてスキルや経験を活かして自分の価値を発揮できるフィールドがあると感じたことを覚えています。

実際に入社してからのこの1年間、入社時に思い描いていた以上に色々なことを任せてもらい、自分でも大きく成長している自信があります。具体的には、CMO(チーフ・モバイル・オフィサー、アプリ開発責任者)の山下さんのもとでiOS・Android開発のスキルがアップしたことはもちろん、サーバサイドの開発に触れることでスキルセットの幅が広がっていたり、新しい技術も実践的に学べているという点が成長に繋がっていると感じています。最近ではプロジェクトマネージャーの役割も兼任しており、クライアントに直接ヒアリングをしながら、プロダクトの開発スケジュールを組み、新機能の開発の要件定義を行なうなど、上流工程にも携わっています。

特に新しい技術という点では、成長はもちろん自分のやりたいことが実現できているので、非常に充実した開発経験を得られています。
これはオクトの開発を象徴している出来事なのではないかと感じているのですが、新しい技術の利用を発案したのは僕からでした。以前からReact Nativeに強い興味があり、個人的にも勉強していたので、どこかで使いたいということを上長やチームメンバーに伝えていたところ、新サービスの開発で実際に取り組ませてもらえることになりました。そして実際にリリースもできました。

この一件以外にも、普段から自分の意思を率直に伝えられる環境・雰囲気ができていて、それがお互いにストレスのない開発・仕事に繋がっているので、非常に楽しく働けています。今新しいメンバーの採用を積極的に進めていますが、前述したような環境に共感できる人、自立/自律して能動的に動いていける人であれば、本当に楽しい環境だと感じています。

個人的には、今後もこの環境を活かしながら、まずはアプリエンジニアとして一人前になりたいです。そしてゆくゆくはフロント〜サーバ周りの開発もこなせるフルスタックエンジニアとして、今よりもっとANDPADに貢献できるよう頑張っていきたいと思っています!

株式会社オクト's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings