Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

SV菅原聡太郎

株式会社ヒューマンリンクに入る前

柔道整復師として整骨院の院長をしておりました。その時は「鍼師・灸師の夜学生」をしながら勤めておりました。自分自身もホッケーを行っていた事もあり、スポーツに携わる仕事がしたいと思いこの仕事を選び続けていました。学生のケアや、大会の帯同などスポーツに携わる方々と一緒に過ごし、毎日充実した日々を過ごしていました。そんな中転機となったのは、私の祖父の体調悪化と祖母の認知症発症でした。身近で暮らす家族となったときに自らの無力さを感じました。祖父は亡くなり祖母は施設に入所しました。そんな折、学生時代を一緒に過ごした鳴海マネージャーから誘いを受け「一緒に新しいことに取り組んでいきたい」その言葉に動かされ・・・といえば格好いいですが、少し斜に構えた気持ちで面接に行ったことを今でも鮮明に覚えています。そこで、社長に出会い感銘を受けました。「ここで働きたい」そこで当時、カラダラボの入会第1号の施設に入社をすることになりました。


現在

入会1号施設カラダラボ月寒・鍼灸整骨院カラダplusの施設長を経て本社と合併。そこからヒューマンリンクのSV(スーパーバイザー)としての役割を頂き現在に至ります。入会企業様の運営のお手伝いや、介護保険上のコンプライアンスの部分でのお手伝い、サービスの質やオペレーションのマネジメント、働いてくださっている職員のチーム作り、日常業務で使う書類の改定や整備、入会オーナーとのコンセンサスなどなど多岐にわたる役割の中、適切な事業運営の指導を中心に全国各地を飛び回っています。全国各地で人気の施設になるよう取り組んでいます。


株式会社ヒューマンリンクについて

怠け者が勤勉に働くことを望んでいる会社ではない。自信はあるが実力はない、やる気はあるがやり方がわからない、自分の力を過信している。などなどエネルギーはあるがその力を持て余し間違った方向に進みそうになってしまっている方なんかにはとてもやりがいを感じられる会社だと思います。その最たる例が私だと思っております・・・。(笑) ヒューマンリンクは強い志を持った仲間がこれからの日本の未来、我々の次の世代が安心できる社会のために我々には今何ができるのかを真剣に考え実行し思いの文化で邁進してきたソーシャルベンチャーです。「社会的不利を世の中から撲滅する」「在宅最後の砦となる」介護事業ではこれを合言葉に高齢者の自立支援をモーレツに行い自らが望む形でいきいきと生きていくそんな人生のお手伝いをさせていただくことを目指し実現していきます。「社会貢献することが自分の仕事です。」と本気で思い本気で実行する。そのためには非常に強いエネルギーが必要です。我々の会社にはエネルギッシュな社員がたくさんいます。私はここで「仕事」を学びました。望む者は引き上げてもらえ役割を与えられる、成果を求められそこに責任が生まれる。なので、怠け者にはチャンスはないです。しかし、望む者にはチャンスはたくさん訪れ成果を上げれば評価されます。そんな毎日ワクワクする仕事ができる会社です。


今後どういうことをしていきたいか

同じ志で歩める仲間をたくさん増やしていきたいです。SV部門を強化し沢山のSSV(スーパースーパーバイザー)を輩出し部門の中でたくさんのチームができ成果を上げるスピード・精度を高めていきたいと思っています。将来的には沢山のチーム間で切磋琢磨しながらより良い施設運営の成果を競い合い、高めあっていける組織を作っていきたいです。
株式会社3eee's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings